FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

肩凝ったぁ

2007.11.07 (Wed)

とうとう専門学校の担当さんから、「はよレポート採点して送ってや(こんなコテコテの文面じゃないけど、気持ちは多分こんな感じ)」という催促が。

学生全員のレポートを読んで、「ひとことコメント」入れて、「ここは改行」「ここは"、"が必要」「この間に、ひとこと『○○○○』がないと、この結論は言えません」などなどの赤ペンも。さすがに、終わった時は久しぶりに肩凝りました。


思うに、「今の子は文章が書けない」ってよく言われますが、書けない一番の理由は、直してもらった経験が不足しているからだと思います。「なるほど、こう書けば良かったんや」「こう書くよりもこっちの方がわかりやすいなぁ」という学習機会が不足してるんだと思います。

せっかく書いた作文も、「はい78点」って点数付けるだけで返されるだけじゃ、全然オモシロくないし上手にもならない。よく書けてる子の作文を読んで終わりってのも、学習にはなかなかつながらない。やっぱり書いて書いて書きまくって、読んでもらって、そして直されまくる。この経験がないと、「じゃぁどう書けばエエの?」まで身に付かない。で、いつもレポートの採点時に、「こやって書いてみてはどぉ?」とお節介してるワケです。

でも、これは直す方に余裕がないとできません。文章能力の低下は、国際的な学力テストでも、なかなか評価できない部分です。読みとる力は判定できても、書く力の判定はものすごく難しい。だから能力低下にもなかなか気付けない。僕も、国語の作文を添削された経験って、あんまりありません。

幸い、母親が僕の書いた文章を直しまくる人で、当時はうっとうしかったけど、お陰で人並みに文章が書けるようになりました。遅ればせながら感謝。

学生のレポートを採点して実感してます。明らかに、ここ10年で書く力は低下してます。とくに低偏差値校での低下は著しいです。今回、採点したレポートは、そんな状況下ではかなりマトモなレポートが多かったです。中には、大学院生が書くよりもエエ感じのレポートがありました。
16:39  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/88-7e39cef9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |