fc2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Windowsパソコンが修理から帰ってきた

2022.07.22 (Fri)

2022072201.jpg
2020年11月に購入したWindowsパソコン(この時)。今年に入ってから、突然フリーズしたり、再起動を始めたり。仕事はMacで作業しているので、特に問題もなく、放置してたんだけど、昔の文書ファイルを参照する必要が出てきて、Windowsパソコンの修理、もしくは買い替えを考えねばならなくなりました。

当初は、天気のいい日に、購入したドスパラの京都店に持ち込んで見積もってもらおうと思っていたのですが、なかなか持ち込む機会がなく、ズルズルと数ヶ月。思い切って、宅配業者の引き取りプランを使うことに。梱包材(これ)をアマゾンで購入したりと、その時点から金がかかる。とはいえ、タクシーに乗って持ち込むよりは遥かに安い。

引取が着て、数日後に「故障箇所の検出に時間がかかっているので、もう少々見積もりはお待ちを…」というメールが届く。てっきり、SSD内のWindowsファイルが壊れているのだと思っていたら、他にもいろいろあるらしい。

で、それから数日後、
・Windowsファイルが壊れている
・基盤のメモリーソケットに不具合がある
・CPUファンが歪んでいる
とのこと。
修理見積もり額は、72,758円!

けっこうなお値段。
見積額によってはキャンセルもできるが、考えようによっちゃ、かなりの構成のパソコンが72,000円で手に入るのなら、買い換えよりはお得かもしれない。メモリーは64GB載せてるし、CPUもまあまあのCore-i7だし(2世代前の第10世代ものだけど)、ビデオボードも安くないのを積んでるし。残ったパーツを活かせるのは大きい。

2022072202.jpg
見積もり通りで、修理を依頼して、帰ってきて早速確認。確かに、基盤がまるまる入れ替わっている。CPUファンは変わったのかどうかもわからないけど、とにかく静か。そして、なによりもタイヘンなのが、Windowsのファイル欠損による修理で、

OSがWindows10からWindows11に入れ替わったこと。

MacOSはしょっちゅう更新してるので、それほどタイヘン感がないんだけど、WindowsのOSはめったに変わらないので(そういや、以前はコロコロ変わってたなぁ)一度更新するとタイヘン。「あれ?ファイル名はどこで変更?」や「あれ?全画面表示したままページ送りできない?」「あの設定はどこで変更するの?」など、戸惑うことアレコレ。とはいえ、いろいろ新鮮。
 
2022072203.jpg
交換したパーツは、そのまま廃棄をお願いしておいたんだけど、新しいパーツ類の箱やら付属品が届いた。パソコンを自作する人達は、こういうのが普通にゴロゴロあるんでしょうけど、僕は組んだモノを購入してたので、こういったパーツ類の箱が新鮮。次からは、ソケットが合えばCPUだけ交換したり、ビデオボードを交換したり…ができるんでしょうか?

たぶん、Windowsのパソコンにそこまでの投資はしないと思うけど、故障した時は、そういう対処法もあるな…と思い、末永く付き合えるパソコンになってくれることを願ってます。

というわけで、このドスパラの「raytrek」。
最初に購入した価格が124,278円。
それにメモリーを16GB→64GBに買い替えて23,627円。
4TBのHDDを買い足して、8,191円。
ここまでで、156,096円。
そして、今回の修理が72,758円。
合計、228,854円。

僕の持ってるパソコンの中では、
もっとも金のかかったパソコンになりましたが、
和子さんのパソコンに比べたら…屁みたいに安いモンです。
16:31  |  PC  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |