FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

多拠点生活の問題

2021.05.27 (Thu)

2021052701.jpg
 
2021052703.jpg
神戸の家も、ようやく引っ越し当初のゴミの山が片付き、落ち着いた感じになりました。

それにしても、家族3人なのに、借家も含めると家が3軒。自分でもよくわからない状況です。

そんな自分でも「なんじゃこりゃ?」な生活になっていたのですが、ふと最近、あちこちで「多拠点生活」という言葉に目が留まるようになりました。
例えば、
NHKのクローズアップ現代の2021年3月17日「新生活の新しい選択肢? “多拠点生活”新生活の新しい選択肢?」もありましたし、
多拠点生活ポータルサイト「オーライ」というサイトもあります。

雑誌に目を向けると
「BE-PAL」2020年9月号に「休日が待ち遠しくなる幸せの二拠点生活」という記事がありましたし、
「男の隠れ場」2021年1月号「コストをかけない豊かさを感じる 町と海の二拠点で暮らす生活」、
「サライ」2021年3月号「二拠点居住で”買う”より”作る”生活」、
「BRUTUS」2021年5月15日号「チョット離れたところと二拠点生活。」、

ここまでは男性向け雑誌っぽいところに、最近

「クロワッサン」2021年6月10日号「新しい住まい方。自分らしい生き方を見つけた、富永美樹さんの三拠点生活。」
という記事も。

そうか「多拠点生活」か!と、なんだか、自分たちの状況にピタッとくる言葉があり、落ち着いた感じです。

多拠点生活には、良いところもあるし、考えとかないといけないこともあります。

良いところはメディアでもいろいろ紹介されているから割愛しますが、考えておかないといけない問題の一つがゴミ。

2021052704.jpg
引っ越しじゃないので、家具や家電は一通り購入。梱包材は、設置業者が持って帰ってくれる場合もあるけど、業者や場合によっていろいろ。家電に加えて、IKEAの家具の梱包材もあって、玄関にはゴミが山盛り。

2021052705.jpg
週1回の段ボールゴミ出しの日に出せた後。

2021052706.jpg
続いて、週2回の一般ごみの日に出せた後。

2021052707.jpg
最後に、週1回のプラゴミの日に出せた後。

一週間、まるまる滞在することができれば、一通りのゴミを出せるんですが、週3,4日の滞在だと、ゴミ出しの日に巡り会えないことも。とくに週末滞在にすると、ゴミ出しは無理。車に積んで帰るという方法もありますが、一人で滞在する場合は、高速道路代が高くなるので鉄道利用に。そうなると、ゴミ袋を持っての移動は無理。

というわけで、最初の数ヶ月は、ゴミ出しのスケジュールと滞在予定を合わせて、ちょっと長めの滞在をしたり。多拠点生活のメリットに「いつでも好きな時にフラッと寄って滞在できる」と紹介している場合もあるけど、ゴミ出しのことを考えると、そうとは言えない場合もあります。

僕は、この第3の家ができたことで、今どきのマンション暮らしを体験することができています。家事に関する発信をしている人間にとって、昭和古民家、平成一軒家、令和リノベマンションの三種類の物件で過ごせるというのは、とても有意義です。例えば、排水マス掃除の問題は、マンションでは無縁です。古民家ではあまり問題になりません。窓と玄関とベランダの掃除は、それぞれに別の問題があります。結果として、同じような文章になったとしても、想像力だけで書くのと、実際に暮らして書くのは、"含み"に違いが出てくると思います。

3軒とも売り主やオーナーとの縁で出会った物件。「多拠点生活なんて、無駄遣い」とバッサリ言われることもあります。確かに、無駄といわれれば無駄です。だけど、人との縁を無駄だと僕は思わないし、経験を無駄にするかどうかは、その人の生き方次第だと思います。

見かたを変えれば、無駄こそ人生です。極端な言い方をすれば、老後の生活なんてのも無駄かもしれません。笑いだって無駄かもしれません。芸術も、スポーツも、美味しいものも、旅も、もしかして自分の存在自体も、宇宙における地球の存在すら無駄かもしれません。そして、人類は究極の無駄というべき、戦争を果てしなく繰り広げています。戦争に比べれば、多拠点生活なんて些細な無駄でしょう。

 
13:43  |   |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |