FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

阪急沿線

2021.04.12 (Mon)

2021041204.jpg
神戸の家と京都の家を行ったり来たりの日々。これまで、近鉄→(京都駅)→JR→バス、京阪→(淀屋橋駅)→阪急→徒歩、京阪→(祇園四条駅)→阪急→徒歩、と3通りを試したところ。梅田からの阪神電車も試したいし、最後は、近鉄→(京都駅)→新幹線→(新神戸駅)→バスという行き方も試してみたいところ。

新居の最寄り駅で阪急電車を撮影。
これで、僕は会社員時代に通勤で使った宝塚線、大学院生時代に通学で使った京都線、そして今回の神戸線と、主要3線の沿線に住むことになったわけです。宝塚線時代も、上司は苦手だったけど、仕事自体は嫌いじゃなかったのでワクワクでした。大学院生時代は、理屈こねて議論するのが楽しくてやっぱりいつもワクワクして乗ってました。今も、新しい家具が届く!とか新しい家電が使える!でワクワクして乗ってます。まぁ、振り返ると、電車に乗ってる時は、どこへ向かっていてもたいていワクワクしている気がしますけどね。

会社員も大学院生も短い期間だったけど、ほぼ毎日阪急に乗る生活でした。神戸の家ではどういう暮らしになるかわからないですが、とにかく阪急が最寄り駅。乗る機会も多くなることでしょう。ワクワクな日が続きますように…です。

小学校の卒業文集には「阪急6300系の運転手になりたい」と書いた僕です。田舎のコトデン長尾線と志度線沿線の少年だった僕にとって、阪急は都会の象徴のような電車でした。9号線まである梅田駅。しかも9番線じゃなくて9線!十三から大宮までの信じられないような距離をノンストップで駆け抜ける京都線特急。運転してて、途中でトイレに行きたくなったらどうする?!で6300系の運転手を諦めたくらい。僕が大学院へ通学するようになった頃には、途中の高槻市駅にも停車するようになっていましたが、それでもカッ飛ばしている6300系でした。

そんな子どもの頃に憧れた阪急電車が、また日常の乗り物になる時がくるとは…です。実際、どのくらいの頻度で神戸に行けるかわからないけど、とにかくもう一軒の家が神戸にあることに変わりありません。せっかくの機会なので、神戸暮らしも阪急乗車も、そして「この先どうなるのか、まったく予測不可能」な僕の人生自体を、ワクワク過ごしたいと思います。

ゴキゲンで過ごせるなら、僕はどこでもエエんです。たぶん。
 
 
18:20  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |