FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

新しい冷蔵庫が来た

2019.05.10 (Fri)

2019051001.jpg
冷蔵庫というものは、おそらく室内で一番容積のデカいものであり、しかも24時間365日稼働している(今どきの省エネ冷蔵庫は休み休み動いてるらしいけど)にも関わらず、冷蔵庫の画像を探そうとすると、中を写した画像はあれど表はなにげなく写り込んでいる物以外なかなか見当たらないもの。
 
2019051002.jpg
あった!と思っても、下まで写ってなかったり。そのわりには、Airbnb‎で泊まった先の冷蔵庫は全身撮ってたり。そんなウチの冷蔵庫は、この家を建てて引っ越してきた時以来、14年の付き合いでした。
 
2019051003.jpg
5年前に突如、モーター音がデカくなって「そろそろ終わりか?」と思ったら、急に沈静化。約2年前に冷蔵庫に入れた麦茶のボトルの締まりが悪く、中身が漏れ出し、おそらくそれが原因で製氷機が壊れてしまいました。そして、この春先、冷凍庫のドアの締まりが悪くなり、原因を調べていると、上の画像のように、冷凍庫の裏と底に氷がビッシリ。

もはやこれまで、ということで、平成の最後の最後に買い替えることに。
 
2019051004.jpg
新しく来たのは、ネットワーク機能を搭載し、メニューや天気、家族の伝言などを表示できるという触れ込みの、いわゆる「IoT」冷蔵庫。ところが、肝心のネットワーク連携。ルーターがメーカーの動作確認非公認機ということで、あっさり接続不可。一瞬にして、ただの冷蔵庫に成り下がりました。

いいところは、なんと言っても収納容量の増大。サイズはほぼ同じなのに、容量は約100リットル増加。新しい冷蔵庫を選ぶに当たっての第一条件が、冷凍庫の増量化。これが実現でき、コストコの冷凍食材がドンとそのまま収納できるのはイイ!野菜室が真ん中なのもイイ。これまで横に広かったのが縦に伸びた感じだけど、これはすぐに慣れました。

ザンネンなのは、SHARPのウリの「プラズマクラスターうるおいチルド」。せっかく半分ずつ開けられるフレンチドアなのに、両方開けないと、この「プラズマクラスターうるおいチルド」が開けられない。フレンチドアのタイプは、「プラズマクラスターうるおいチルド」をドアサイズに区切れば、半分開けでも引き出せるのに。

それと卵のケース。これは前の三菱冷蔵庫の卵収納庫が秀逸でした。それに引き換え…ケースの卵穴が14個ってどういうこと?です。卵はたいてい10個入りか6個入りでしょう。16個穴ならまだしも、14個って…開発者は買い物に行ったことがないのか?こういう細かいツメが甘いなぁと思います。

たいていの機能については、徐々に慣れてきているところです。長年使うと、慣れすぎてしまって、次に変わると違和感しかないです。新しい家電に変わって「使いにくい」という場合、この卵穴のように、明らかに新しい方がボケてる場合と、使い手がボケてきて変化に付いていけてない場合とがあると思います。適当なところで次に乗り換える方が、脳への刺激もになってイイと思います。

扉の引っ掛かりが、下から上向きにが、上から下向きになったので、最初の二日間くらいは「おっと!」でしたが、今やスッカリ慣れました。まだ順応できる!

 
18:02  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |