FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

オアフ島北部ツアー

2019.04.30 (Tue)

ホノルルハーフマラソン(この記事)の翌日。同行のラン友、佐藤さん企画ツアーは朝が早い!レンタカー「Hertz」の開店時間7時に合わせて6時45分集合。前日は、ホノルルハーフの6時スタートに合わせて4時起きしたので、6時半集合はまぁたいしたコトはなかったと言っておこう。

2019041601.jpg
レンタカーも2回目だったので、手続きはスムーズ。インスタグラムではお馴染みのこの壁を車内からチェック。

2019041602.jpg
そしてナビもバッチリ、ハイウェイを下りてすぐを曲がる!ドンピシャ!モアナルア・ガーデンズへは一番乗り。一番乗りだと、背景を気にせず撮り放題。佐藤ツアーズの皆さんも撮り放題。

と、しばらくするとJTBのバスが到着。飛行機の到着からホテルのチェックインまでの観光タイム。到着早々、バスに乗って、観光地巡りはタイヘンだろうなぁと思いながらも、ツアー主催担当者とおぼしき方にはご挨拶。予感がしたんだな。



2019041603.jpg
佐藤ツアーズはJTBにも負けない過密スケジュール。1歳児がいるので、余裕をもつため、とばせる所はとばす。そして、ドールプランテーション

2019041604.jpg
パイナップルの実がなってるところ。いつも、「こうだったはず」と思い出すんだけど、どこかで間違えていたパイナップルの実。こっち向きだったのね?

パイナップルジュースを飲んだり、Tシャツを買ったりしているうちに、モアナルア・ガーデンズで遭遇したJTBのバスが到着。やっぱり!というわけで、またまたご挨拶。

そして佐藤ツアーズは先手を打つ!次や!

2019041605.jpg
うほ~ノースショア!このみちを通るのは2回目だけど、毎回、ヒャッホ~!と叫んでる気がする。

2019041606.jpg
お昼はクアアイナと決まっていたんだけど、朝が早かったのもあって、すでに腹ペコ。そこで「軽く」スーパー「Mālama Market」でポキボウルを食べることに。これが意外とけっこうなボリュームだったけど、佐藤ツアーズの同行家族(佐藤さんの娘家族)「酒井フードファイターズ」に「もう食べられない」はない安心感。「『もう食べられない』『頼み過ぎ』という言葉は、彼らの辞書にない」の通りペロリ。

少し腹を減らすべくハレイワの通り沿いを散歩。そしてノースショア・マーケットプレイスで、またもやJTBツアーズと遭遇。いやぁ、こちらは少人数でトイレ休憩などしながらここまできたけど、バス一台ほぼ満席でのツアーはなかなかタイヘンだと思います。皆さんいったいどこでご飯を食べるんだろう?という心配も。

2019041607.jpg
そして、クアアイナの11時に遅れること約1時間。クアアイナの店内へ。

2019041608.jpg
行列は短くすんなりオーダー。さすがにこのサイズの店舗にJTBツアーズの皆さんもやってこず、落ち着いてオーダーそして食べる!さっきポキボウルを食べたばっかりなのに食べる。アボカドバーガーは、アボカドが半分そのままドンと搭載。上からギュッと押し込んで食べるのが正解らしいけど、薄切りしたり、どう食べてもイイらしい。美味しければナンでもエエんでしょうね。

ずっと以前、家族と来た時に、ハンバーガー好きの大学の後輩に「そこまで寄ったのなら、クアアイナの本店が近かったですよ」とコメントされて、「あ!そういやハンバーガー屋さんあったなぁ」という程度でした。今回は、無事に訪問できたのでヨカッタ。

2019041610.jpg
佐藤ツアーズ、次の訪問地は、ワイメアの滝。その前に、ワイメア・ビーチ・パークで若夫婦の時間を、我々ジジイで提供。たまたまベイビーが眠りこけてたので、この貴重な時間に「せっかくなので、お二人でビーチへどうぞ」と。

2019041611.jpg
しばし、ノンビリした後は、ワイメア峡谷へ。

2019041612.jpg
ユックリジックリ説明をインカムで聞きながらワイメアの滝まで。佐藤ツアーズは移動はアグレッシブだけど、滞在中はわりとノンビリ。太古からのハワイアンの暮らしの説明もあり、好奇心をそそられる説明でした。

2019041613.jpg
最後に、「ここを訪れると、再びここに来ることができる」らしい。こっちじゃなくて、カウアイ島のワイメア渓谷へも行ってみたいけど、ひとまず参拝。

2019041614.jpg
来た道を帰るルートもあったけど、佐藤ツアーズの移動はアグレッシブ。島の東側を走って、ポリネシア・カルチャー・センターや、クアロア・ランチを回るルートに。前回、2017年はホノルルマラソンの後、クアロア・ランチに来たなぁ。今回はトイレ休憩で立ち寄り。

2019041615.jpg
帰りのルートとして、これまで通ったことのない道「ジョン・A・バーンズ・フリーウェイ」を通ってみることに。すると、ハワイ滞在二日目に訪れたアロハスタジアム方面に。渋滞予測の出ている「H201」を避けて「H1」とおり、そのまま海沿いを走ってアラモアナを目指すことに。

佐藤さんが、「あ、これってカカアコ・エリアを通るけど、ウォールアートにも寄る?」と提案。最近、インスタ映えで有名になり、訪れる人が増え、それでトラブルも起きていると聞き、ビビリながらも「ココかな?」「その向こうか?」と探していたら、

2019041616.jpg
見付かりました。

2019041617.jpg
この壁の隣のバスケコートでは、地元の高校生くらいの若者達がバスケに興じていて、人目があったので少し安心でした。

全体的にみても、前回2017年にホノルルマラソンで来た時以上に、ホームレスの数は増えているように思いました。短期滞在者であっても、南の楽園というイメージだけではない雰囲気になってきたのは確かです。

トランプ政権になってから、増えているのかどうかはともかく、とにかく増えている印象があります。それと女性のホームレスも目立ってきた気がします。ワイキキビーチ沿いのベンチも、夜はホームレスで占領されています。僕は大学生時代、大阪市の南の方で暮らしていたので、ある程度、ホームレスと共存している町には慣れている感があります。昼間から開いている飲み屋にも、そこ集まる酔っ払いにも、まったく抵抗はありません。ただ、外国のスラム街の中には、想像を超える場所もあるので、そこはやっぱり慎重になります。

2019041618.jpg
夜は、僕と加奈子のお気に入りのハンバーガーショップ「Teddy's Bigger Burgers」。

2019041619.jpg
僕は普通にチーズバーガーとオニオンリングを頼んだんだけど、フードファイターズの皆さんはDoubleやTripleを頼んでました。さすがです。

今、知ったんですが、日本にも支店があったんですね(日本のサイト)。

朝から晩までギッシリ濃密な、佐藤ツアーズ企画オアフ島北部を回るオプショナルツアーでした。
 
19:22  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |