FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

妹と甥っ子がやって来た

2019.03.28 (Thu)

2019032801.jpg
春の選抜高校野球(第91回大会)が開催され、今日(3月28日)の第2試合は妹の母校、高松商業と市立和歌山の試合があり、妹は名古屋から甲子園まで甥っ子と観戦へ。その帰りに京都の我が家に寄ってくれました。

そういえば…と過去の記事を見直すと、ちょうど3年前の今日も高松商業の応援の帰りに、彼らはウチに寄っていました(この時)。妹と会うのは、去年の6月6日以来(この時)。

今回も超絶方向音痴の妹は、とっくに家に着いててもいい時間なのに来ないので、玄関から表に出て駅の出口方向を見ると、ウチとは反対の方向へ猛烈な勢いで歩いて行くのが見えました。毎回、笑えます。梅田駅で迷い、京都駅でも迷い、近鉄丹波橋駅でも違う出口を出て、正しい出口を出ても逆に歩き始める…真っ直ぐウチに来たことはないのかもしれない。

今年の高松商業は、今日で敗退。妹の話だと、3年前(第88回選抜大会)で準優勝した時とは様子が全然違っていたらしい。試合開始前の練習からして、動きにキレがなく、キビキビ感もなく、キャッチボールをしていても、球をポロポロ落としたり後逸したりしていたんだろうな。序盤の得点差は、そんな空気のまま試合が始まって、アッという間に失点したらしい。甲子園の魔物に取り憑かれたのかもしれない。

甲子園での話から始まり、近況報告、受験情報、仕事の話、高松の話、名古屋の話、今の話、過去の話など、話題は盛りだくさん。破天荒というか、ハチャメチャというか、「歩くネタの種」である妹一家の話はとにかくオモロイ。4時間ほどウチにいたんだけど、まぁ賑やかなこと。甥っ子は普段は超おしゃべりらしいのに、ウチでは静かぁに過ごしてました。いつまでたっても存在に慣れて打ち解けてもらえない伯父&従姉です。それでも、僕の作ったカレーライスは「美味しい」と言って、おかわりしてくれました。

皆が帰った後で、加奈子が「一時期、普通の家族、普通の生活、普通の暮らしに憧れたけど、この変人だらけの血縁者の中では、そんなのあり得んわ!と、改めて思ったわ」と笑いながら申しておりました。変人一族の子なのだと、納得したようです。
 
 
23:45  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |