FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

堺東へ行ってきた

2019.03.25 (Mon)

2019032501.jpg
大阪いずみ市民生協主催の講演会(参照)で堺市へ出掛けました。

まずは天下茶屋駅で、大阪メトロ堺マッスル線(←この記事参照)から南海高野線に乗り換え。高野線のホームに上がると、やってきたのは特急「こうや」。行き先表示は「極楽橋」。2月いっぱいまで、工事で運行が休止されていた「こうや」ですが、再開してからははじめての対面。

僕が乗ったのは、この2分後に出発の快速急行。一駅のみの乗車。
 
2019032502.jpg
堺東駅。講演会場は、北側の改札が近いのを知っていて、あえて南側の改札から。この懐かしい階段!サラリーマン時代は、この階段をよく使っていました。
 
2019032503.jpg
階段を降りると、この風景。「堺銀座通り」はアーケード街。よく通っていた頃から、なんとなく薄暗い商店街だったけど、今見ると、まぁボチボチとシャッターも開いてました。
 
2019032504.jpg
僕はどっちかというと、そのアーケード街から北に一つズレたこの通りが馴染みでした。
 
2019032505.jpg
その通りをズンズン行くと出てくる、この建物!

三響楽器が入っていた建物(たしか、オクトパスガーデンという店名だったような記憶が)。今は美容室になっているようです。週2回くらい営業で通っていたかなぁ。僕が担当している店の中ではわりと取引額の大きい店だったんです。店長の仲野さんが同じくらいの年齢だったのもあって、気楽にアレやコレやと話したり、ここで他社の営業さんと情報交換したり、まったり過ごす店でした。店員さんも皆さん若くてフレッシュな店でした。今も皆さん元気にしてるんかなぁ?
 
2019032506.jpg
そして、アーケード街で昼ご飯を食べた後は、堺東駅から南に延びる歩道橋へ。昔は、ジョルノ専門店街へ繋がっていた歩道橋。ダイエーが地下2階から8階まで入っていて、けっこうな賑わいの店だったように記憶してます。

講演主催の大阪いずみ市民生協のスタッフにすすめてもらったのは「桜ベーカリー」。ところが、三響楽器跡を見に行き、アーケードを通って桜ベーカリーまで行く途中で、空腹に耐えかね、途中の店で鯖の塩焼き定食を食べたのでした。せっかくなので、桜ベーカリーは見ておかないと!と堺東駅南側を回ってパン屋を確認。そのすぐ近くに歩道橋に上がる階段があり、学生時代振りに登ることとなりました。
 
2019032507.jpg
その歩道橋から三国丘高校の方向を見ると、目に入るのが、この木造トタン屋根の建物。僕が大学生の頃から、ズーッとあります。洗濯機があったり、吸い殻入れがあったり、生活感が垣間見えます。南海電車関係者の当直室なのかな?…と30年くらい前から、見るたびに気になっています。

歩道橋からの眺めを楽しんだ後、堺タカシマヤへ。学生時代(といっても1回目の学生時代である大阪市大時代)心斎橋そごうの4階、呉服売り場の奥にあった長堀駿河屋の甘味処でアルバイトしていたことがありました。その時の店長さんが、僕がサラリーマンになった年に、堺タカシマヤの中のテナントに転勤したのを聞き、営業の帰りに寄ったことがありました。あの当時は、ズッとズッと年上の人だと思っていたんですが、今思えば、今の僕よりもはるかに若かったはずです。

さすがに店は残っていませんでしたが、甘味処の店があったので、「もしや…」と思ってチョロッと中を覗いてみました。やっぱり店員さんは別の人でしたね。「そりゃ、そうだろなぁ」と思いながらも、少しだけ「あの店長さんがまだいたら…」と思っていたのも事実。

ところで、全国にはいろんな駿河屋がありますが、それぞれの位置づけをハッキリさせているところが、総本家と本家と元祖が争っている老舗と違う点。僕がアルバイトしている時も、「○○の駿河屋とはどういう関係ですか?」とお客さんに聞かれると、いつも店長さんが説明してました(系統図がネットにも出ています)。
 
2019032508.jpg
学生時代にコンタクトレンズを作りに来ていた堺東であり、サラリーマン時代に営業で通っていた堺東は、JRの堺市駅よりも、南海本線の堺駅よりも馴染みのある駅でした。

帰りは、南海高野線に乗り入れている泉北高速鉄道の準急でスイーッと。乗り心地のイイ電車でした。
 
18:30  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |