FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ランニング嫌いは、持久走の授業が原因では?

2019.01.08 (Tue)

新学期が始まるにあたって、娘が憂鬱そうにしてました。まぁ、新学期前はいつもコレなので「あ、また?」で済ませるつもりでしたが、いちおう「どうした?」と聞くと、「体育で持久走が始まるから」というでないの。今でこそ、日常的にランニングしている僕も、持久走の授業はつまらなかった。運動場のトラックをグルグルするだけって、なにが楽しいんでしょ?と思ってました。

親バカの僕が言うのもなんですけど、娘は夏まで山岳部に所属していて、唯一の女子部員ながら男子のペースにもなんとか付いていける持久力はあるはず。この夏は、一日で、北岳山荘キャンプ場から北岳(日本で二番目に高い山)アタックした後、間ノ岳、農鳥岳を越え、大門沢下降点から奈良田キャンプ場まで縦走したらしいから(山好きに聞いても「そらヘンタイ、いやタイヘンや!」という行程らしい)、そうとう頑張れる持久力はあるはず。

にもかかわらず、持久走の授業が憂鬱だと。

まず押さえたいのは、いわゆる一般的な持久力と、持久走の授業でいう持久力とは、別モノらしい点。

持久走の授業の内容を聞くと、どうやら陸上競技の中距離走をさせているらしい。20分走という距離固定でペースは自由というのもあったり、距離は3000mときには5000mという回もあるらしい。この3000~5000mは、運動部の生徒達でもなかなかシンドイ距離だと思います。運動部といっても、格闘技系や持久系ときどき瞬発系ではなく、常時瞬発&持久系競技の人達にはマッチする内容だと思いますが…あれ?もしかして、この系統って陸上の中距離しか存在しないんじゃ?あ、スケートがありましたね。あれはほぼ陸上と同じでしょうね。

持久走といえばマラソン!ですが、笹川スポーツ財団の調査によると、

「『年1回以上ジョギングやランニングをする』と答えた20歳以上の割合は、2006年の5.9%(推計人口606万人)から右肩上がりで、2012年に過去最高の9.7%(同1009万人)を記録。だが2014年は9.5%(同986万人)、2016年は8.6%(同893万人)に落ち込んだ。」

という(参考記事)。もっとも、この記事の「年1回以上走る」には、地域や会社や子どもの運動会で走るのも含まれるので、「10人に1人」という予想外に多いランナー人口に。

「週2回以上の人」についても推計している。「こちらもピークは2012年の385万人で、2014年は374万人、2016年は364万人と減っている」(参考記事)。

週2回以上が人口比で約3%(しかも都市部に偏在)。100人に3人がランニング愛好者とみてよいでしょう。僕の周囲には比較的たくさんいますが、それでも1クラス(町内会?)換算すると、せいぜい0~1人程度。逆に、「ランニング?キライ!」「なんで金払ってまで走るの?アホとちゃう?」という人が大半。元運動部の人達ですら、キライ!と言う人が多い。その

ランニング嫌いは、
「持久走」の授業が原因では?


というのが、僕の仮説。

結論から言うと、陸上中距離走的な持久走の授業内容だと、「二度と走るか!」という気持ちになって当たり前。トラックをグルグルグルグル回って、ヒィヒィゼェゼェ走って、「これ!楽しい!」「持久走の時間が楽しみ」というのは、マラソン愛好者よりもさらに少ない「どヘンタイ」であると断言します(おそらく当人達も認めるはず。それくらい過酷ですし)。

体育授業における持久走の概念と指導方法に関する検討(PDF)」というレポートを読むと、体育授業における持久走の指導方法には大きく二つに分類できるとある。一つは、「陸上としての持久走」概念をもつ実践。もう一つは、長く走ることそのものの楽しさを重視した実践。

体育=「体を育てる」という科目名に合う生徒が多いのは、上の2つの実践のどちらかは明白。体育授業における持久走単元で、陸上中距離走的な内容を課すというのは、ごく限られた適性を持つ生徒に向けた「エリート教育」であり、残り大多数の生徒には不要な負荷と言っていいでしょう。


ここからは、「体を育てる」ための持久走授業を妄想してみます。

スポーツ、とくに陸上競技というのは、幸いなことに成果を数値化しやすい種目です。ところが、これが「陸上としての持久走」になると、たんなるタイムトライアルになります。学校代表の駅伝選手選抜なら、それでも意味があるでしょうけど、それなら、希望者のみの参加にすべきです。

数値で「体が育つ」ことを認識できるメリットを活かし、しかも全員が主体性をもって参加できる授業法ができるはずです。例えば、陸上競技会で優勝したい生徒と、肥満を克服したい、運動不足を解消したい生徒が同じメニューでは、これは「体を育てる」科目に意味がない。

まずは、エリートだけではなく半数以上の生徒に伝わる「走るメリット」を教える。そのメリットに対して、今の自分が取り組みたい(自分に必要な)メニューを考えさせる。

例えば、「速く走れるようになるのが楽しい」という人には、陸上競技的なトレーニングとタイムアタックなど、従来の持久走授業でいいと思います。

「健康管理やダイエット」「体型維持&管理」「持久筋強化」を求めるのなら、生物や保健の授業内容とも連動させ、栄養吸収や脂肪燃焼、心肺機能、循環系、筋肉組成などもあわせて組み立てさせる。

「走ることで人と仲良くなる」ことを求める生徒もいるだろう。そういう生徒には、どこをどうやってどう走れば人と人とが繋がるか?という観点が求められるはず(マーケティング的?)。

「受験勉強のリフレッシュ」を求める生徒には、どう走ればリフレッシュできるか?気持ちいいか?という自分を掘り下げる視点が求められるはず。

「走り終わった後のビールが…」という生徒はいないはずですが、「ご飯が美味しくなる」というのもありですね。どのくらい走って腹を減らすのが一番ご飯が美味くなるか?美味い不味いという主観的な値を、いかに客観的に分析するか?これも調査法の一つです。

実際に、いろんな方法でいろんな距離、いろんなコース、いろんなペースで走らせてみる。
→効果はあったか?
→上手くいかなかったのはなぜか?より効果的にするにはどうしたらよいか?
→よりよい結果を導くためのメニューを再設定
→再び実践
→結果と検証
→メニューの再設定

体育の授業で、自分を実験台にPDCAサイクルが体験できるわけです。どんなにユックリでも短い距離でも、とにかく走ることだけを必須にして、あとは自由。たくさん走ればイイや、速く走ればイイというのではなく、いかに自分で目標を作り、追求できたかを評価基準にする授業はどうかと思います。

「こんなことをしても、サボる生徒はサボる」と言われそうだけど、意味もなく高負荷ランニングを課して、熱中症や貧血、低血糖、足腰のトラブルを負わせるよりは、教師の責任は軽いはず。どうせ、高負荷ランニングを課しても、サボる生徒はサボるモンです。逆に、放っておいても頑張って走る生徒もいます。問題は中間層をどう主体的に参加させるか?です。それ以外の上と下は放っておいてイイんです。



そこで、まず、確認したいことがあるんです。
「チコちゃんに叱られる」じゃないけど、

今こそすべての日本の体育教師に問います。
「あなた長距離走、好きですか?」と。


教師自身が「長距離走るってオモロイ!」と思えないようじゃ、生徒もイヤイヤ走になると思います。まず自分がオモシロイ!と思えないと、意味もなく走らされる感が伝わるだけです。

ボーッと走らせてんじゃねぇよ!

でございます。

(「観戦という授業はどうでしょ?」へ続く)


18:19  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |