FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ポンポン山に登ってきた

2017.06.16 (Fri)

2017061520.jpg
2017年6月15日に大阪府高槻市のポンポン山に登ってきました。母方の祖父母が一緒によく登っていた山だったので、山を走るようになってからも、「どんな山なんやろ?」と興味はあったんだけど、なかなか実現せず。先月、加奈子と「行こう」と言っていた日は、なぜか二人ともメッタにしない朝寝坊をして、気が付くと日が高い時刻に。

今回は、前日にコース取り、電車の時刻、バスの時刻を調べて、万全の準備で(のはずが、やっぱりヌケてました)。
 
2017061501.jpg
加奈子の登校とほぼ同時に出るはずが、やっぱりゴタゴタして、一本遅れ。遅れても京都駅で新快速に乗れば…のはずが、朝の通勤時間帯だと昼間のようには乗り継げず、目の前でドアが閉まる。線路の向こう側の甲子園口行きの各駅停車で高槻まで。そこから高槻市バス「原大橋」行きで神峰山口(かぶさんぐち←これが何度聞いても忘れる読み方で…)まで乗り、そこから神峯山寺へ。山の名前は神峰山で、お寺の名前は神峯山寺。これまたヤヤコシイ。
 
2017061502.jpg
バスを降りて道路を渡ると、こんな道標が。ルートには標識が適度にあり、コースを見失うことは、ほとんどないと思います。ただ、コースの選択肢がいろいろあり、それに悩むことはありそうです。
 
2017061503.jpg
ちょっと山へ向かうとすぐにこんな道が。おおお!いきなり山道!こりゃ楽しそう!と思いきや、こんな道はすぐにアスファルト道に。
 
2017061504.jpg
神峯山寺までの道は、沿道工事中の箇所もあり、通過車両もボチボチ。いつの間にやら神峯山寺に到着。ここのトイレはキレイでした。トイレの前にドアがあって、不思議なトイレでした(←なにが不思議なのか、今ひとつわかりにくい文章)。
 
2017061505.jpg
思えば、上りは、この神峯山寺から本山寺が一番キツかった気がします。画像のようなアスファルトの道で、木陰はあるのに暑いし、勾配がありすぎるせいか歩くしかできず。なかなか次の目標地点が見付からないのもキツさの要因かも。本山寺の駐車場を越えて、ようやく「あ、今、ここか」とわかり落ち着いた感じ。
 
2017061506.jpg
寺を通らずにポンポン山へいくルートもあるけど、せっかくなので寄ることに。ちょっとした下り坂。「イヤッホォ~」と走って降りると…下った分は登らないと!とはいえ、ここまでのアスファルト道に比べると、石段の方がはるかに気持ちよく登れます。
 
2017061507.jpg
そして、本山寺の本堂の右の階段を上がると、やっとトレイルロード。走れる。京都一周トレイルほど木の根っこが出てなくて、走りやすい。適度に登ったり下ったりしながら登っていくのにあわせて、ペース調整。走れると風も感じることができて気持ちいい。

あんまり調子よく走ってると、いろんなモノをすっ飛ばしてしまい、帰ってから地図で確認して「え?こんなの途中にあったかな?」ということが多々。天狗杉(二本松)も見逃してしまわないかと、気にしながら走っていたんだけど、ルートの右手にドドンとあり、見逃すようなモンじゃございませんでした。
 
2017061508.jpg
天狗杉を通り過ぎ、少しずつ勾配がキツくなっているような、変わらないような…とにかく序盤のアスファルト道がシンドかったので、このての階段も気持ちよくヒョイヒョイ。
 
2017061509.jpg
そして、東海自然道から外れる標識を背にみると、木の葉っぱの向こうに空!
 
2017061510.jpg
頂上広場に到着。ラン友の皆さんが撮ってる、この立て札の前で自撮り。
 
2017061511.jpg
地面にスマホを置いて自撮り。
 
2017061512.jpg
ザンネンながら、天気はいいんだけど、見晴らしはイマイチ。大阪の街も京都の街もボヤ~ンとして、京都タワーも確認できず。
 
2017061513.jpg
地べたにある元立て札(?)とトレイルシューズHOKA ONEONE Challenger ATR2 と記念に。

どこか「ポンポン」と鳴る場所はないかと、山頂広場をウロウロしていると、途中で追い越したハイキングのおじさんが一人、また一人と。「兄ちゃん、これからどっち行くんや?」と聞かれ、「向日町へ降りようと思ってるんですけど」と答えると、今ひとつ返事がよくない。しきりに他のルートをすすめる。祖父母が通っていたのがどのルートなのか、できればそのコースへ行ってみたいけど、よくわからないのでガイド本や山登りサイトでよく紹介されている、向日町に降りる善峯寺コースを選択。
 
2017061514.jpg
その分岐点にはご立派な案内板。なんとなく「おおさか環状自然歩道」に誘導しているような雰囲気を感じながらも、東海自然歩道側(善峯寺方面)を選択。
 
2017061515.jpg
善峯寺へのコースは、ほとんど下りっぱなし。あれ?これは比叡山の坂本側コースの時もそんなこと書いたような。途中、こんなふうに目の前が開けるところあったり。
 
2017061516.jpg
せせらぎに沿って走るコースありで、これまた楽しくすっ飛ばせました。
 
2017061517.jpg
が、善峯寺が近づいてくると道路は舗装路に。そして、地図でも確認した七曲がり的な道路に。クネクネクネクネと曲がりながら降りていくんだけど、あんまり楽しくない。脇に、わりとまっすぐすすむトレイルがあって、よっぽどそっちで駆け下りようかと思ったくらい。今回は、後日、加奈子と登りに来る、その下見も兼ねていたので、できるだけ歩きの加奈子でも通れる道を行こうと、あえてアスファルト道を選択。

やっと善峯寺の入り口(らしきところ)を通過。その先にバス停。わかっちゃいたけど、1時間に1本。しかもさっき出たばっかり。タイミング悪し。店はないけど自販機があるし、トイレもキレイだったので、ここで50分くらい待ってもよかった…というのは、今になって思うこと。

本やサイトだと「3時間半コース」になっていたけど、2時間弱で善峯寺まで降りてしまい、どうも不完全燃焼。よせばいいのに、「もうチョット走ろうかな?」とJR向日町駅を目指して走り始める。
 
2017061518.png
京都で暮らしていると、道路は直角に交わるモノという感覚がしみこんでしまい、「あっち方向に向日町駅」というのはわかっているのに、なぜか素直にそっちに行けない道。ふと気が付き振り向くと、真横にポンポン山。「AR山ナビ」というアプリで、今見えている山の名前を出してもらい、「あぁ、あそこがポンポン山か」と気づけるレベル。

どんどん蒸し暑くなってくるし、お腹は減ってくるし、道路はあんまり走りやすくないし、「もぉエエわ」と阪急バスの「上里」バス停の時刻表を見ると、10分後に到着。「もうこれでエエわ」とランニングを断念。終盤のアスファルト道でダラダラしたせいか、どうも不完全燃焼感が残る印象。でも、本山寺から善峯寺手前まで(=非アスファルト道)は、とってもイイ感じ。道もわかりやすいし、走りやすい楽しいコースでした。

次は、善峯寺ではなく、途中で選択に迷った「おおさか環状自然歩道」で釈迦岳→ギロバチ峠(名前がイカツイ)を通って島本駅に降りるコースか、ギロバチ峠手前から浄土谷をとおって天王山を越えて大山崎駅へ行くルート、あるいはポンポン山から川久保渓谷を下って神峯山寺に戻るルートの三択でいこうと思います。

そして、ポンポン山の上でオッチャン達が「善峯寺かぁ」と言ってたのがようやくわかったのでした。ノンビリハイキングなら、それもアリだけど走るのなら、本数の多い最寄り駅(バス停)まで走って降りる方が、満足度高いです。オッチャン達はそれをわかって、教えてくれてたんやなぁと感謝。

それにしても、祖父母はどのルートで行って帰ってたんだろう?今の僕よりも、さらに上の年齢の時にヒョイヒョイと登っていたような印象なので、健脚だったんだなぁと再認識。

現在102歳の祖母は、今はポンポン山のある高槻市を離れて、僕の郷里の高松市で暮らしています。祖母にポンポン山のことを思い出してもらえるかと思い、今回は画像も多め。
 
2017061519.jpg
善峯寺ルートは、走るには今ひとつだったけど、JR向日町駅ルートを選んだおかげで、一つ達成できたことが。それは、向日町駅のホームに立ったことで、JR京都駅←→JR大阪駅間のすべてのJR駅のホームに立つことができたこと。JR向日町駅だけご縁がなくて、実現できずでした。向日市に用事がある時は、なぜか阪急だったり自動車だったり。

でも、平成30年春に新しい駅が摂津富田と茨木の間にできるんでしたね。というわけで、「今のところ」という限定付きの京都大阪間、全駅制覇。でもやった!感アリ。

 
19:07  |  ランニング  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |