FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

再度、比叡山から鞍馬へアタック

2016.05.25 (Wed)

某所から、「肩を負傷したというブログ以降、更新がないのは重症化したからか?」と指摘があったので、まずは経過報告。肩の痛みはほぼ無くなりました。今も、右手を伸ばしたまま左肩の方向へ持っていくと、逆の時よりも少し手前で止まってしまいます。とはいえ、日常動作への支障はほぼ皆無です。しかし、こんなに痛みが取れるのに長くかかるというのは、やはり加齢のなせるワザなのでしょうか?

そんな肩の状態なので、走ることに支障なし。むしろ、14日に走ったコースに7時間以上もかかったうえに、帰宅後疲労困憊という、打ちのめされ感すらもったのをなんとか払拭したく、昨日(24日)再度、同じコースにチャレンジしました。

今回も京阪電車の出町柳駅からスタート。いつか伏見稲荷駅から比叡山という、京都一周トレイル東山コースのスタート地点からゴール地点というコースも攻略してみたいです。

9時11分のスタート時ですでに蒸し暑い状態。

2016052401.jpg
日本バプテスト病院の横から山に入ってすぐくらいの場所です。最初は沢登りな感じ。しばらく雨は降ってないけど、けっこうな水量。雨の後だとどうなるんでしょうね。出町柳を出て、京都大学周辺を走っている間はとにかく暑いけど、この辺りにくると少し涼しい気分になれます。

2016052403.jpg
コースには、28日土曜日に行われる「比叡山 International Trail Run」のコースマークも貼られていました。前回14日に走ったときは、試走している人に何人か会いました。今回は、まったく出会わなかったのですが、平日の昼ですし、これが普通なのかもしれません。

その前の13日に、試しに比叡山にだけ登ってケーブルで降りたのですが、その時は数名のトレイルランナーに出会いました。その中には、プロランナーの奥宮俊祐さんも!

2016052414.jpg
そういえば、13日、14日に通ったときは、道をふさぐような倒木があましたが、

2016052402.jpg
昨日通ってみたら、スパッとカットされていました。木の向きが逆なのは、上の画像は通り過ぎて撮り、下は通る前に撮ったからです。こういうのは同じ方向から撮らないと比較になりませんね。

2016052404.jpg
1時間45分でケーブル比叡山駅のあるポイント「74」へ。途中でハイキング夫婦と話しながら歩いたので、その分、ノンビリしたタイム。ドリンクは薄いポカリスエットを1リットル持って行ったのですが、この時点で半分に。ケーブル駅の自販機でアクエリアスを買って補充。

2016052405.jpg
14日にルートを間違い、大きく時間トタイムをロスした北山ルート「8」を、今回は間違えずに通過。そして獣道のようなコースを通って釈迦堂へ。延暦寺に現存する最古の建物だそうです。

2016052406.jpg
コースがドライブウェイと併走する場所。新緑と赤い葉のコントラストがキレイで思わず見とれてしまいます。

が!
ココこそが、前回、僕が転倒した場所。いったいなんで転けたのか?とゆっくり調べてみると…

2016052407.jpg
前後、普通の道なのに、ここだけ唐突に木の根が地表に!しかも木漏れ日で判別しにくくなってるでないの!これでは転けてもやむなしですわ。今回は、「この辺りのはず…」と慎重に走ったので無事に通過できました。

2016052408.jpg
14日に「這いつくばって登った」印象のあった横高山やその続きの水井山、仰木峠も、前回の経験があったので思いの外スルッと登れました。といっても楽な斜面ではなく、「もぉどんだけ続くン?」というタイミングで山頂が現れたにすぎませんが。

仰木峠を越えて、急斜面のボーイスカウト道へ向かう途中の林です。ここは路面の状態も良くて、ヒュ〜ッと走り抜けられる場所でした。そんな場所で止まって写真撮ってるのはちょっとモッタイナイのですが、実はスピードが出過ぎて怖いので、一旦停止する口実に撮ってるのもあります。

2016052409.jpg
ボーイスカウト道は下りの急斜面過ぎて、一歩一歩慎重にノロノロ。そして膝や足首の負担が続いて、これまた「もぉ停まろうかな?」と思った頃、斜面がおわって平坦に。

仰木峠から、それまで山の峰に沿って北に向かって走っていたのが、西に向かいます。山沿いは風が通り抜けるのでわりと涼しいのですが、西に向かってからは谷間を走るし向きも悪いのか、一気に蒸し暑くなります。そんな蒸し暑いなかを走り抜けると、沢に出てきます。朽ち果てた橋の後に、立派な橋が架けられています。

熱中症に注意と天気予報でも出ていたので、ドリンクを飲み続け、塩熱サプリも摂り続けたおかげで、汗だく。沢に降りて顔を洗いました。気ん持ちイイ〜〜!!でした。

2016052410.jpg
三千院でお馴染みの、大原の少し南にある戸寺から大原方面を。ノンビリした風景です。この辺りは曇っていて、「早くも下り坂?」と思わせるような天気でした。味工房志野でよもぎ餅と赤ちそジュースいっぷく。そこで話したハイキングのおじさんは、14日に僕たちがが間違えたのと同じように「8」でコースを外れ駐車場に出てしまったと仰ってました。「8」の表示は要注意ですね。

2016052411.jpg
江文峠を越えて、静原へ。ここでまた日差しがギラギラと。大原も静原も、走り始めてから初めて来ました。

2016052412.jpg
静原から鞍馬への最後の薬王坂は、坂というよりも峠!前回も、なんで坂がこんなにキッツイん?とボヤいたもんです。その坂も、ガブガブとドリンクを飲みながら、なんとかゴールの鞍馬駅へ。

前回7時間8分かかったコースですが、今回は5時間4分でいけました。コースを間違わず、転けたりしなければ、特別に頑張らずとも、このくらいの時間で行けたんですね。5時間ですむと足の疲れもそれほどではなく、翌日の今日は普通に動けています。

2016052413.jpg
最近、よく山へ走りに行ってるので、念のため山岳保険に加入しました。お世話にならないに越したことはないですが。

このブログがランニング系一色になりつつあるので、こことは別にランニングだけのブログを設けようかと。
 
22:47  |  ランニング  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |