FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

加奈子と大学めぐり

2016.04.05 (Tue)

2016040210.jpg
加奈子の「この春休みにやりたいこと」のリストの中に、大学見物があったのですが、気が付くと春休みもあとわずか。今日を逃すとチャンスがない!ということで、前の日からどの辺を見て回るか?と調べ、たくさん回れそうな出町柳駅からグルッと北山を回るコースで行くことに。
 
2016040202.jpg
地下にある出町柳駅から出て西へ向かうことに。出町柳の鴨川畔の桜もイイ感じ。川に並ぶ石を飛び越えて鴨川を渡り…
 
2016040203.jpg
まずは一番近い同志社女子大学から。ちょうど入学式。式典の最中だったのか、人の往来はそれほど多くなく、シットリとした感じ。
 
2016040204.jpg
続いては、そのお隣の同志社大学。いったい学生数がどれだけいるのか、ご近所にも同志社OBがあっちにもこっちにも。こちらも入学式。大学の入学式らしくサークルや部活の新人勧誘。チラシの束を抱える学生達。先輩達は自分の所属する部やサークルのチラシを一種類、新入生はあちこちのチラシを各種ドンと。新歓の風景は昔とそう変わってない気がします。
 
2016040205.jpg
同志社大学キャンパス内を通り過ぎて、烏丸通りまで出てそこから北上。地下鉄駅の今出川→鞍馬口→北大路と歩いて行くと左手に見えてくるのが大谷大学。趣のある建物は、尋源館(じんげんかん)という建物だと後から調べて知ったしだい。大谷大学は、今回、初めてキャンパス内に足を踏み入れました。この奥にもっと広いキャンパスがあったようなのですが、工事中のように見えて見学せず。
 
2016040206.jpg
北大路でお昼を食べた後は、京都府立大学へ。加奈子が「あれ何?」と指さしたのは「立看(立て看)」。そういえば、ココまでの大学では一切見掛けなかった。僕の母校の大阪市立大学は立て看だらけだったので、あれがあるのが当たり前だったけど、加奈子には新鮮な物体だったようです。公立大学出身の僕には、同じく公立大学である京都府立大の雰囲気に、心休まるノンビリさを感じました。
 
2016040207.jpg
京都府立大学を出た後は、京都マラソンのコースを東に歩き京都ノートルダム女子大学へ。ここ数年、ゲスト講師として訪れているので、少し馴染みの大学。とはいえ、実は、この風景から講義室への道くらいしか知らないですけどね。同じく入学式のようでしたが、ここは警備が厳しく数分で退散することに。
 
2016040208.jpg
そこからさらに東に向かって歩いた先は、京都工芸繊維大学。ここも僕ははじめての訪問。歴史的な建物というよりも、デザインのおもしろい建物が目に留まります。いちいち格好イイ!美術工芸資料館で村野藤吾建築設計図展をやっていて、建築模型に興味のある加奈子の触手が動きかけるも、ここまで既に8.5kmを歩き「入る元気ないわぁ」と。6月6日まで展示しているみたいなので、またの機会に。
 
2016040209.jpg
国立大学法人だからなのか?京都工繊大でも立看がありました。国公立大学のシンボルと化しているみたい。ま、立看を見たければ、おそらく西日本一の立て看量であろう京都大学へ行けばエエのです。

今回は、出町柳駅から西へ向かったので京都大学は外れてしまいましたが、次回は京都大学を一日掛けて見て回るのもエエなぁと。京教大→龍谷大→京都女子大もあるし、京産大→佛教大学→立命館大というルートもあるし、改めて町の規模のわりに大学が多いなぁと実感。

 
20:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |