FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

第25回福知山マラソン なんとか完走しました

2015.11.24 (Tue)

2015112402.jpg
昨日開催された、第25回福知山マラソンのフルマラソンに出場しました。第25回というところがミソで、大都市マラソンが開催されるはるか昔から開催されている伝統の大会に出場しました。

結果は、上の画像のとおりでした。大阪マラソンのように目標達成!自己ベスト!というわけにはいきませんでした。

天気予報では、曇り時々雨という、マラソンするにはいいコンディション。ところが、始まってみると、上の画像のとおりの日差し。しかも湿度がけっこう高くて、「暑いレース」と言われる大阪マラソンの時よりも体感気温ははるかに高く、10km地点ですでに滝汗でした。それでも30kmまでは風が吹くと涼しくて気持ちイイという感覚でしたが、30km過ぎからは涼しさもなにも感じなくなっていました。

知人友人数名が参加していたのですが、ほぼ全員が30〜35km地点で急激なペースダウンしていたようです。僕のゴールタイムは4時間18分17秒(グロスは4時間22分56秒)。前回の3時間58分に比べると、だいぶん遅れてしまいました。目標はグロスでもサブ4(4時間切り)だったのですが、ザンネンながら達成できませんでした。

いろいろ反省点があります。

まずはコースをちゃんと調べてなかった点。ハーフマラソンなら、高低差表を覚えておくだけでもなんとかなりますが、フルになると、やっぱりちゃんと地図やGoogleStreetで調べておかないと、準備不足になります。今回、高台の競技場からのスタートとゴールになるので、その点は頭に入っていたのですが、途中は「フラット」と思い込んでいました。ところが、実際は小さな登ったり下ったりの繰り返しでした。「あれ?」と思っているウチに登り下りの疲れが膝にきてしまいました。

疲れが膝にくる原因の一つが、2日前からカーボローディング!とばかりにご飯や小麦原料のものをドカ食いし、前日の夜の体重は普段の2kg増でした。それが膝にきました。体重は軽い方がイイです。エネルギーを体内に溜めるというのも大事ですが、下手なカーボローディングは逆効果だと実感。エネルギー切れが心配なら、給食でちゃんと食べればイイんですね。補給用のジェルも持って走りましたが、20km地点での摂取時に気管に入りかけてゲホゲホとむせました。2014京都マラソンで生八つ橋を食べてむせて以来です。けっこう咳って体力使いますね。

靴がちゃんと履けてなかったコトも完走後に判明。かかとと靴のかかとを合わせて履くのが大事なのですが、今回、雑に履いていたのか、両足とも中指がつま先に当たっていたみたいで、爪の下が内出血していました。会場到着後、あんなに時間があったのに、ちゃんと靴を点検できてなかったのは痛いミスでした。

ラッキーなこともありました。スタート前のトイレに並んだところ、あまりの長蛇の列で、整列に間に合いそうになくなりました。行く気満々で並んでいたのに行けず…当然、トイレを探しながらのランニング。スタート後はしばらくどこもトイレは列。ところが偶然にも11km地点のトイレは誰も並んでいない。もしや?と思って係の人に聞くと、「今、(2つある)両方とも入ってます」と言うやいなや中から人が出てきたので、待ち時間ゼロ!溜まっていたのか、出始めるとなかなか止まらなくて1分のロスタイム。でも待ち時間ゼロなのでちょうど1分ですみました。1分くらいならなんとかなる!と思いながらコース復帰。

トイレがラッキーで、その後も順調に5分15秒〜35秒/kmのペースでとばせていました。30km地点で2時間50分08秒(グロス)。このままのペースでいけば、グロスで4時間切りも問題なし!だったのです。25kmの折り返しを過ぎたあたりから給水で少しずつ立ち止まるようになり、26km地点で4時間のペースランナーに追い付かれました。といっても、彼らは最後の上り坂のために少し余裕をもって走っているとのこと。付いていけば、4時間切りは簡単。シンドイ時に誰かの後ろについて走るというのは、ペースを考えなくてイイし、時計を見なくてもイイので身体も気持ちも楽。そのまま32km地点までは付いていけました。

ところが、32km地点で急に膝に痛みが。しかも右膝。「うわっ!手術で残した半月板も断裂したか?!」というくらいの痛み。沿道で「スプレーありますよぉ」という声に使わせてもらうと、コレが…逆効果というか、冷えて膝が固まるというか、しばらく走れないのです。少し歩いてほぐすと走り出せる感じ。それでも痛いので何度かスプレーを借り、その都度、歩いてほぐして走って…を繰り返しました。最悪のラップは11分20秒/kmかかっていました。1kmまるまる歩いた感じです。

お腹の具合も、これまで参加したマラソン大会の中では最悪の状態でした。走るガスタンク状態でした。マラソンで胃腸が揺さぶられ続け、発酵したのかガスが溜まりまくって、なんとも気持ち悪い感触。周囲に人がいないのを確認してはガス抜き。前日までのドカ食いが原因かも。ガス入りの水をたくさん飲んでいたのも関係あるかな?

福知山マラソンは25kmが折り返し地点で、そこまでは自分よりも速いランナー達の顔を見ながら、それを過ぎると自分よりも遅いランナーの顔を見ながらのランニング。行きは、友人知人のランナーはいないかとキョロキョロ。声を掛けたり、手を振ったり。知人友人グループの中では自分がいつも最遅なので、折り返し後はいつも声を掛ける人がいないというのもありますが、それと同時に、すでに立ち止まったり歩いている人を見ると「いつ自分がああなるか…」と不安で直視できなく、冷たくなってしまいます。自分に自信がない、力がない人は、他人に冷たくなるのだなという教訓を得ました。

行きの12km、帰りの37km地点あたりだと思いますが、強烈に牛糞の臭うエリアがありました。目に浸みる臭いとはまさにこのことなり!という感じで、暑さと湿度と風向きに加えて、帰りは疲れもあって強烈でした。

41km地点付近で小学校からのママ友さんの応援。このマラソンを象徴するような上の画像を撮ってもらいました。この時点でもうグッテリ。この先に、競技場までの上り坂があるかと思うと…という感じでした。応援のおかげで、この先は、なんとか足が動いてくれて、坂道途中ではご近所ラン友の佐藤さんの応援もあり、坂道を登り切ることができました。

今回のデータです。

    スプリット  ラップ  通過時刻
Start   00:04:40       10:34:40
10km  00:59:22  0:54:42 11:29:22
20km  01:53:57  0:54:35 12:23:57
30km  02:50:08  0:56:11 13:20:08
40km  04:07:15  1:17:07 14:37:15
Finish  04:22:56  0:15:41 14:52:56

30〜40kmのラップ1時間17分07秒が、今回のマラソンのすべてです。20km地点までは本当に順調でした。ペースも決して速すぎないし、このまま行ければ…でしたが、残念でした。

2015112403.jpg
4時間22分56秒(ネットで4時間18分17秒)という記録は、目標の4時間切りからいうと、ずいぶん遅れてしまいました。でも、これでも前回の大阪マラソン以前だとベストタイムです。それまでは、4時間53分54秒がベストだったから、これでも30分以上の短縮です。逆に、終盤で完全に歩いてしまうようなレースでも、この程度で収まったというのは、少しホッとしました。

今回は、ラン友の山健さんが運転する車に、応援のラン友佐藤さんと一緒に乗せてもらいました。鉄道で行く手段もあったのですが、通勤電車並みに混んでいるという話も聞いていたので、もしかすると行き帰りで座れなかったかもしれません。ゆっくり座れ、途中で寝ることもできて助かりました。

さて、次のフルマラソンは2016年2月の京都マラソンです。タイムアタックのラストチャンスである、次こそグロスでも4時間切りを出したいです。
 
23:22  |  ランニング  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |