FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

アレで10代の頃の体重に戻しました

2015.07.07 (Tue)

2015070701.jpg

2015070702.jpg

今日のランニング後の計測で、とうとう10代の頃の体重に!
昨日は、加奈子が塾に行ってる間に、ポテチを一袋一気食べしたにも関わらず。6月7日に49.9kgが出て「おおお!」と驚いたところ、そこからさらにグッと!

BMIは計算すると19.83。
BMIは23前後が長生きする人の値らしいですけど、今は体重が減って膝への負担が軽くて助かってます。一緒に計測されてる体脂肪率8.6%というのは、ナンボなんでもウソやと思います。

しかし、数年前(データが残っているところで2011年)は、55.5kgが平均値で「仮面ライダーか?ベトナムの煙草か?」状態でした。MAX期が57〜58kgだったので、その頃からは10%以上軽くなってるんですね。

ランニングを始めても、ほとんど体重は減らなかったです。
それが去年の冬から、晩ご飯時に食べる米、小麦類などの炭水化物摂取を減らすだけで、アッという間にスルスルッと減りはじめました。

糖尿病の治療でするような糖質制限ではなく、「食べ過ぎないように気を付ける」程度です。どうやっても、「◎◎のモト」系の調味料には砂糖が入ってるし、フライや天ぷらの衣にも小麦は付いてるし、そんな物まで敏感に除去しているわけではありません。ただ、晩ご飯時に米を茶碗で食べない、せんべいの一袋一気食べしない、パスタを晩に食べない…ん?一昨日の晩はパスタだったな←という程度の大雑把な減量です。朝や昼には、普段通りにご飯やパン、パスタを食べています。少し意識するという程度です。

米や小麦を減らしている分、タンパク質とビタミン・ミネラル類の摂取はモリモリと摂っています。それでも、中性脂肪や悪玉コレステロールの数値も落ちてきています。タンパク質も、そういえば最近は魚が前よりも増えたかな?という程度です。とくに気を付けているわけではありません。

ただ、この炭水化物ダイエットは、リバウンド圧がものすごいと聞きます。炭水化物をはじめとする糖質は、身体のガソリン。摂取制限でガソリンが不足すると、身体は予備タンクに蓄えた脂肪をガソリンに変えて運転しようとします。そして、次のガソリン補給時には、来るべき不足時に備えて、前以上に予備タンクを満タンにしようと働きます。その結果、大リバウンドになる可能性も大きいようです。

リバウンド以上に切実な問題があります。炭水化物を減らしたことと直接関係しているのかはわかりませんが、ご飯や丼、炒飯、パスタ、うどんを食べた後、急激に眠たくなります。身体が糖質を大事に処理したがって胃腸にエネルギーが集中するせいか、ものすごく眠たくなります。お昼に丼物やうどん、そうめんなど食べてしまったら、午後は昼寝なしに過ごせません。こんな理由で、講演前に頂くお弁当のご飯は、いつも残すようになりました。ごめんなさい。

体重が減るというのは、足腰にとっては本当に楽。膝の手術からもうすぐ1年。今のところ無事に走れています。
 
14:17  |  身体のコト  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |