FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ありがとう!なでしこジャパン

2015.07.07 (Tue)

朝から、FIFA女子ワールドカップ 日本vs.アメリカの試合を観戦。
朝のバタバタ時間帯と重なり、観戦も集中できない。
序盤のチョット目を話した隙に点が入る。
「もうこれ以上は取られないだろう」と思っていたら、
また入れられてる。
そんな序盤は悪夢を見ているような時間帯でしたが、
中盤以降は、よく持ち直したと思います。
序盤の4点が、せめて2点だったら…とは思いますが、
それでも、最後まで足が止まらず、走りきっていたと思います。

ゲームに対しては、いろんなコメントが出されていますが、
僕が気になったのは、サッカー・ダイジェストwebのセルジオ越後さんのコメント


「なでしこジャパンにとって、この敗戦は節目になるかもしれないね。
(中略)
 おそらく、これから何人かの選手が代表を去るだろうし、監督が変わるかもしれない。いずれにせよ、来年のオリンピックや4年後のワールドカップを目指して、もう一度チームを作り直すスタートになるはずだよ。

 でも、ここから上を目指すなら、協会のサポートが不可欠になるだろうね。今大会のメンバーを見ても分かるように、澤や宮間たちに取って代わるような存在は出てきていない。本来は、協会が主導してそうした選手を育てるべきだけど、日本はアメリカなどの強豪国と比べて、女子サッカーを取り巻く環境が整備されていないんだ。

 なでしこリーグのなかには、アルバイトで生計を立てている選手もいるし、育成年代の選手たちがプレーする場所も限られている。こうした環境を改善しない限り、女子サッカーの総合力は上がらないだろう。

 協会は、なでしこジャパンに今以上の予算を付けるなり、いろんな選手がプレーできる環境を整備するなり、本腰を入れて女子サッカーの強化に乗り出すべきだね。今までのように、大会の時だけ顔を出してフィーバーを眺めているだけでは、選手たちがかわいそうだよ。」


前回4年前のドイツW杯がピークで、今回は余力。このままの体制だと、これが最後の栄光の時代になってしまうかもしれないというようなニュアンスです。

今日のNHK「クローズアップ現代 なでしこ 激闘の舞台裏」でも代表選手でさえも、フルタイムの仕事をしてから練習しているような状態であることが紹介されていました。女子サッカー人口の対米比較では40倍の格差があるとも。日本代表チームが、(その是非は抜きに)アマチュアとの混成チームだったことに驚きました。

まるで、彼女らに求めていることが
「欠乏の中から精神力で勝ち進む!」
のように感じました。
これでは70年前の戦争時代とまったく同じ。

勝利を求めるのなら、勝てる体制を作るための、抜本的な底上げをしないことには、これから先、継続的にワールドカップに出場することは難しくなりそうです。それどころか、国内リーグの存続さえ危ぶまれる事態になりかねないと知りました。

この先、しばらくはワールドカップには出られても、決勝トーナメントは難しくなる時代がくるかもしれません。そうならないように、まずは「なでしこリーグ」の試合や「Jリーグ」の試合を見に行かねば!協会にもお金を落とし、そのうえではじめて「なにやってるの!」と言えるような気がしています。
 
00:05  |  スポーツ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |