FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

膝の水抜きました

2014.05.20 (Tue)

2014052001.jpg
16日に淀競馬場までの往復19kmを走り、17日に北堀公園コースを8km。たいしてペースが速かったわけでもないけど、膝にはズシンと負担が来ていたみたいで、日曜日、月曜日と二日間膝痛とともに暮らしてました。

とくにねじると激痛でした。右膝の裏の筋が伸ばしても縮めても痛い状態。歩く分には大丈夫だけど、ちょっと早足程度にすると膝が安定せず、グニャリとねじれたりして、またまた激痛という状態。

今朝、風呂に入って膝を見ると、右膝が異様に膨らんでいて、皿の部分がブヨブヨ。痛いことはあったけど、ここまで腫れたことはないし、これはさすがにチョットマズイと思い、ウチから歩いて3分の駅近整形外科へ。

診察の結果、膝に水が溜まっていて、16ccほど抜きました。抜いた水は黄色く透明だったので、変形性膝関節症などの炎症でしょう。水は癖になると聞きますが、炎症を止めれば溜まらなくなるらしいし、炎症を止めるには水を抜く必要があるらしい(参照元)。水を抜いた後にチョイッとステロイド系の注射も。あとは炎症止めの薬を飲むしかないな。

「1週間は絶対に走ったらアキマセンよ」
とのドクターストップ。いやいや、痛くて走るドコロじゃございませんって。


しかしまぁ、朝一番の病院ってのは、高齢者の集会場状態ですな。9時からの診察に、9時5分前なんかに行ったモンだから、もぉ待合室は超満席。立ち席ギリギリ状態でした。診察の順番が回ってきたのは10時10分頃。その頃には、待合室は僕と数名の中高年のみ。

待っている間に、いろいろ考えました。慢性疾患の高齢者の場合、朝早く来て急いで診察しなくてもエエのでは?と。逆に若年者の場合は急性期患者が多いと思うし、急性期に早期対応していれば慢性にもなりにくいだろうし。でも、高齢者は朝早いし、長い時間待てないかもなどなど。

高齢者はなにかと疾患を抱えるもので、いずれは僕もそっちに行くのだろうけど。いっそ年齢制限病院なんかを作って、高齢者専門病院にして内科も外科も耳鼻科も眼科も皮膚科も、ショッピングセンターみたいに一箇所で済むような病院も…でも、すでにそんな感じの病院なんかもあるみたいだし。今日行った病院は駅近だったせいか、話を聞いていると電車とバスを乗り継いで通っているという高齢女性も。僕みたいな飛び込みの患者もいろいろ考えるけど、通ってる人にもいろいろ事情はあるんやろなぁ。

とりあえず早く治って、再発しないように筋肉を鍛えないとなぁ。大腿筋が異様に弱いのは、前々から指摘されている点。水中ウォーキングでも始めるかな?
 
17:12  |  身体のコト  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |