FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ランドセルに革新は起こるのか?

2014.03.10 (Mon)

2014031001.jpg
12月6日にランドセルが壊れて以降、加奈子はコールマン ウォークホリック15で通学しています。15リットルの容量でタップリ入るのに軽い。加奈子も「こんなことなら、早くリュックサックにすればよかった」というようなコトを言っています。

ランドセルは重たいし、大きさのわりには意外と容量も小さく、たいてい9リットル程度。そして、6年生くらいで壊れるようになっています。世の中には、もっと軽くて丈夫なバックパックが登場しているというのに、ランドセル自体は50年くらいあんまり変わっていない。確かに、素材や機能性や選べる色数は確かに上がって(増えて)いるが、重さや堅さ、容量効率の悪さなどは大きく変化していない。

多くの学校では、校則に「ランドセルで通学すること」とは記されていない。だから、スポーツバッグでもイイし、キャリーバッグでもイイはず。両手がふさがらない背負うタイプのバッグがイイとは思うが、それでも多種多様な商品が存在する中で、なぜ「あの」ランドセルが半世紀にわたって選ばれるのか?

良くも悪くも日本的といえましょう。
 
22:41  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |