FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

行きも帰りもダッシュ!北広島市往復記

2013.10.06 (Sun)

北海道北広島市での講演があり、一泊旅行しました。とにかく行きも帰りもダッシュ!な旅行でした。

2013100402.jpg
伊丹空港まではモノレール。以前は、バスを使ったりしてたんだけど、渋滞やら事故やらで時間が読めないのは、帰りはともかく行きはツライので、最近は大阪モノレールを使うことが多いです。今回、はじめて一番前の席に座ることができました。

モノレールの分岐。前からどうなってるのかと思ってたんですが、今回、やっと構造がわかりました。あれでグニョッと曲げてたんですね。それにしても、モノレールって振動がすごいですな。昔は鉄道もこんな振動だったんかもしれませんけど、他の乗り物にはない揺れがあります。

2013100401.jpg
今回、行きは伊丹空港からJEXで新千歳空港。帰りは、ANAで新千歳空港から関西国際空港へ。機体は、どちらもB737。行きの737は少し長い機体でした。

この行きのJEXの新千歳行き。伊丹への到着が遅れた関係で、出発も25分遅れに。

2013100403.jpg
飛行機が遅れたのをうけて、新千歳空港からの快速エアポートに間に合わせるべくダッシュ!手配されたチケットは「uシート(指定席)」つまり、その便に乗らないと無効になり、あとはただの自由席チケットへと。

だけどダッシュ虚しく、1分前に指定の快速エアポートはすでに出発。次の便はユックリ座れたものの、今度は北広島駅で困ったことに。指定の快速エアポートに合わせた、駅からホテルまでのシャトルバスもすでに出発済み。

2013100404.jpg
東広島駅からホテルまでのバスを調べると、どうやら1時間10分待ち。時間があるので、駅前にあった東光ストアへ。昨年の夏、東光ストアも含まれるアークスグループ労組の研修講師をしたので、「あ、あの東光ストア」でした。さっそく店内探索。

魚の切り身のサイズに驚き。値段は京都と同じなのに、1.5倍の大きさの鰤!見ると脂のノリもかなりイイ!そりゃこっちで大きいのを確保されてしまったら、京都まで回っては来ないわなぁ。

北海道ならではの、甘納豆の赤飯を探してみたけど、それは見当たらなかった。お惣菜コーナーを調べたんだけど、もしかしたら和菓子コーナーを見るべきだったかな?

ロバパンというローカルなパンの会社があるんですね。

スーパーは楽しい。外国へ旅行にいってもやっぱりスーパーに行ってしまう。「どこへ行っても同じ」なんて思われてるかもしれないけど、実は土地柄や風土、習慣などいろんなものの影響を受けてるもんです。

2013100405.jpg
結局、ホテルのバスの時間までは時間がありすぎるので、タクシーでホテルへ。10階の部屋でした。窓からは北広島駅方面の風景。広々してんなぁ〜。真ん中のお城みたいなのは、道都大学の建物。

2013100406.jpg
そして、同じ場所の夜明け前。なぜか、ものすごく早い時間に目が覚めたので、ついでにヒョイと窓の外を見たら、キレイな空の色。おもわずパチリ。そういえば、夜、この窓から見える星空が素晴らしかったです。星ってこんなに明るかったっけ?というくらいの明るさと数。メガネなしでも星が見られるなんて、いつ以来?でした

2013100409.jpg
講演が終わって、北広島駅の改札に入ろうとしたら、見送りの職員さんに電話が。「富田さんとおっしゃる方が…」で、まさかの再会!大学の先輩であり、就職活動のOB面接で会った最初の先輩でもあり、そして入社後も先輩になる富田正之さん。今は「眞朝」のステージ名でオカリナ奏者とシンガーとして活躍中です。

ホールの予約で北広島に来てみたら、僕の講座のチラシが目に入り…だったそうです。北海道に移住してはるのは知ってたけど、この広い北海道で会えるとは!

2013100407.jpg
実は、富田さんと会えたのは偶然の重なりがあったから。富田さんが僕のチラシを見たというのも偶然だけど、僕が北広島駅にその時間までいたというのも偶然。実は、快速エアポートの到着が遅れていたのです。

その快速エアポート。北海道に来る度に必ず快速エアポートに乗ってますが、いつも近郊型3つ扉の721系。今回、はじめてスーパーカムイにも使われる785系の快速エアポートでした。

ラッキーと思ったものの、北広島から乗ると、座席はすでに満席。千歳までは立ち席。もう一両繋げてくれたらエエのに…と思うけど、そうすると札幌〜旭川は空き空きになってしまうんかな?

2013100411.jpg
結局、往復とも「uシート」のチケットが使えず。行きも帰りも、快速エアポートは混み混み。聞けば、JR北海道で唯一の黒字路線なんだそうな。あと1両編成を長くすれば、ゆっくり乗れるんですけどねぇ。

2013100408.jpg
快速エアポートは、10分遅れで新千歳空港に到着。お土産物か?ラーメンか?の二者択一。ダッシュで階を上がると「北海道ラーメン道場」の行列が!あ、これはもう無理かも…と思ったら、その行列は「えびそば一幻」のもので、奥に行くとすぐ入れそうな店も!もう店の名前よりも、偶然の空き席を探すだけの目に。で、見えたのが「雪あかり」のカウンター。

ホールのおばちゃんに「2時の飛行機なんですけど」と言うと、「さっきの味噌バターコーン急ぎね!」と厨房に伝えてくれました。実は猫舌な僕。熱いモノをかき込むのが大苦手。でも、美味しさが暑さに勝つこともあるんやね?と実感。講演後の腹ペコ&喉カラカラの五臓六腑に染みわたる美味しさでした。もしかして「急ぎ」の対応は少し冷ましたスープを使ってくれてたのかも。猫舌にはとってもありがたい。

しかし、ここは便利でエエなぁ。新千歳空港に寄る度に一つ一つ寄ってみたい場所になりました。

美味しいのはイイけど、おかげで保安所通過は登場20分前に。なんとか間に合わせるべくダッシュ。おかげで5番搭乗口に到着時は汗ダラダラ&うちわバタバタ。講演で汗をかき、空港で汗をかき。ここはホンマに北海道か?という感じ。

2013100410.jpg
帰りはANAの737。このピョンとそそり立ったウイングレットが特徴のわかりやすい機体です。あまりにもアッチコッチ飛んでいて、あんまり有り難みはないですが。

関西国際空港に向けて安定した飛行…と言いたいところが、台風の影響だかでかなりキツイ向かい風の中を飛ぶことになったらしい。出発は定刻だったけど、到着は予定よりも10分遅れ。ここからの連絡は余裕があったのでダッシュする必要はありませんでしたが、ここでもダッシュなら悲惨だったと思います。なんせ、関西国際空港に到着して、空港駅に向かうデッキに出てみたら「蒸しあっつぅ〜」でした。
 
22:29  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |