FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

ワクチン接種しました

2013.04.03 (Wed)

2013040301.jpg
今日、近所の内科に行き、ワクチンを接種してきました。加奈子のおたふく風邪(流行性耳下腺炎)のワクチンと僕の風疹ワクチン。

思えば、生まれて半年後くらいから、加奈子に数々のワクチン接種をさせてきました。最初の頃は、泣いたりもしたけど、今では「今日のは細い」など、針が刺さる瞬間もジーッとそれを観察するくらいに。

そして、今日のおたふく風邪のワクチンが、子ども期に接種する最後のワクチンになりそうで、母子手帳に記される最後のワクチン接種ともいえそうです。長年、使ってきた母子手帳ですが、これからは参照程度の使い道になるのかな?

一方、僕の風疹ワクチン。昨日、内科で問い合わせたら「明日の夕方で」という話だったんだけど、今朝、ドクターから「風疹ワクチンの在庫が今ないらしく、この先の入荷日もまったく不明らしいんですわ」と電話が。加奈子の予防接種があったついでに、ドクターと話をしていると「MR(風疹+麻疹)なら今あるんですけどねぇ」という話に。

この先、はしかに罹る可能性もゼロではないし、たしか子どもの頃にワクチンを接種した記憶はあるけど、もうその効力は無いだろうし、というコトで「MR」を接種することに。

風疹ワクチン単品なら5000円だったのが、MRだったので8000円。加奈子のおたふく風邪ワクチンが4500円。合計12500円の出費。

けっこう大きな出費になってしまったけど、加奈子が罹って学校を長期で休むことを考えると、この程度で済んでヨカッタのかも。それ以上に、僕が風疹にかかったことに気付かず、これから妊娠する可能性大な学生の多い教室で拡散させる社会的なリスクや、障害を抱えて生まれてくる子や育てる家族のことを考えると、これはもう「まさか自分が罹るとは思ってませんでしたぁ」では済まされない問題。8000円で彼らと彼らの子どもの将来を少しでも安心させられるなら安いモノと思います。

先日3月20日にNHKでオンエアーされた『ミス・マープル』の「鏡は横にひび割れて」は、まさにその風疹ネタ。風疹をファンにうつされた女優の復讐劇。うつされた方が苦悩しているのに対し、うつした方が脳天気というのが殺害の引き金に。まさか目の前の人に子どもがいるとは…おまけにその子に障がいがあるのは自分がうつした風疹が原因とは…だったかもしれませんが。

自分が罹るだけなら、自己責任で済ますこともできますが、誰かに感染させ、その人や家族の命や健康や安寧な生活を奪うとしたら、それはもはや公的責任。公的な責任という種のモノが、個人の判断に任されているというのは、いささかマズい状況。東京では風疹ワクチンの接種が無料化されている所もあるらしい。でも、現にウチの近所ではワクチンの在庫がないし、あったとしても一回5000円。ポンと払える人はいいけど、払えず接種できない人もいるのかも。障がい児を育てるというのは、程度の差はあれ並大抵の苦労ですまないのがこの国の社会福祉事情。予防できるのコトであるのなら、予防に税金を使うべきだと思います。
 
22:58  |  身体のコト  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |