FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

Apple Storeでプレゼンセミナーを受けた

2013.03.18 (Mon)

2013031801.jpg
昨日は『Keynote・iPadでつくる、人を動かすプレゼンテーション』に参加してきました。

最近、スライドを使った自分の講演にどうも垢抜けないものを感じ、ジリジリしてました。かといって今シーズンはいろいろ出費もかさみ、高額なセミナーを受講する経済的な余裕もなく(家計の方はそんなことはありませんが)、主にネット経由での情報に頼っていました。そんな中、Apple Store心斎橋で無料のプレゼンセミナーがあると聞けば、そりゃ行かないわけにはいきません。

いろいろ確認できてヨカッタです。やっぱりスライドの作り方としては間違ってなかったと思いましたが、「ディゾルブやタイプライターは無意味。使えるのは出現のみ」には納得。なんか喋ってても、あれを使ったスライドでは引っ掛かりやすいなぁと思っていたら、そういうコトだったんですね。全部文字が出るまで読み始めないからなんだそうです。

ガー・レイノルズとのビジネスコラボがある方らしく、スライドはまさに『プレゼンテーションZen』的でした。

「エレベーターピッチ」「Show & Tell」「Whyから始める」「伝えられるMAXから覚えてもらえるMinへ」などなど、参考&確認できたことはたくさん。無料なのにこんなに有益なセミナーでした。

そこまでの仕込みがありながら…敢えてなぜ?なのが、サンワダイレクト リングマウス。これ、僕も買いました。でも今は使ってません(参照ブログ記事)。感度反応距離がプレゼンには向かないくらい狭いんです。その信号電波にもムラがあって、クリックしてもページが送れない時がある一方で、急に感度が良くなって2枚くらい一度にスライドが進んでしまうことも。この不確実性は、Mac特有の現象なのかもしれませんが、なぜ使ったんだろ?と不思議です。

「Show & Tell」は日本の教育ではあんまり実践しているのを聞きません。でも、プレゼンの基本中の基本技術を身に付ける訓練になりますね。

Apple Store心斎橋は、混み混みでした。そしてこのセミナーも立ち見客が多数。プレゼンに対する関心の高さを垣間見ることができました。
 
18:40  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |