FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「王様のレストラン」のワインを飲んだ

2012.09.06 (Thu)

1995年にオンエアーされたテレビドラマ「王様のレストラン」が大好きで「王様のレストラン DVD-BOX」を発売時に割り引きなしで買ったくらいでした。内容も、非常に示唆に富むもので、講義の教材としても十分使用に耐える逸話です。

そのドラマの中で、ワインがいくつか登場します。第1話では「伝説のギャルソン」千石さんがオーダーする「モンラッシェ」、ソムリエを「おまえ」呼ばわりする客がオーダーしたがった「シャンベルタン」、ソムリエの大庭さんが勧めた「シャトー・ラグランジュ」、第5話で政子さんがやけ酒で飲んでしまう「シャトー・ラトゥール」、「オー・ブリオン」、「ロマネ・コンティ」などなど。

僕はワインのことはそんなに詳しくなく、情報源はズッと前に住んでいた長岡京市の生協に入っている酒屋の主から教えてもらったのと、知人のススメる数点と、そして「王様のレストラン」がほとんどすべてです。

そんな乏しい情報源の中、先週の土曜日に友人達と飲みに行った大阪は天満駅近くの飲み屋街にある「Luv wine」でのこと。ワインリストを眺めながらオーダーを考えて、いつものようにお手軽ワインの方ばかり見てました。4人いるしボトルで頼もうとボルドーのお手軽ワインを頼んだのでした。ところが、高い方を見てみると「ピノノワール100%」という文字が目に止まりました。

貴重な情報源であるアニルさんが「RYO、カベルネ・ソーヴィニヨンもいいけど、ピノノワーから作るワインは美味いゾォ」とズッと前に話していたのを思い出しました。グラスで1800円。みんなで一杯だけど、そのピノノワール100%という「クロ・ド・ヴージョ」を頼んでみました。

2012090602.jpg

衝撃の美味しさでした。ワインの味は、なんやらの香りがしてかんやらの風味が♪というのがありますが、とにかく美味い!でした。

昨日、講義に使うVTRとして「王様のレストラン」を確認していたら、この「クロ・ド・ヴージョ」も登場していました。最終回で、姿を消した千石さんが再びベルエキップに姿を見せた時、ソムリエの大庭さんが「しかしながら…リードボーにはクロ・ド・ヴージョの方が合うかと存じますが」とすすめていました。

そして「クロ・ド・ヴィージョ」の美味しさに舞い上がっていたら「来週は、シャンベルタンですよ」と店のスタッフが声を掛けてくれました。シャンベルタンですと?!

あの「王様のレストラン」第1話でイヤミな客が「お、おい!ソム!おまえが飲むんじゃない!オレが飲むんだ!!いいからシャンベルタンを持ってこい!シャンベルタン!シャンベルタン!!シャンベルタン!!!」と叫ぶ「あの」シャンベルタン。

そして月曜日、再び「Luv wine」を訪れると、白ワインの方は、「モンラッシェ」ではありませんか!これまた「王様のレストラン」ゆかりのワインです。迷うことなく「モンラッシェ」も注文。

2012090601.jpg

僕が知っている、数少ない有名ワインの中の、かなりをこの数日間で一気に口にすることができました。「王様のレストラン」はセリフを覚えるくらい見ていますが、登場するワインについては「高いんだろうなぁ。まぁ、死ぬまでに一度くらいは口にするチャンスがあるかなぁ?」と、なんとなくボンヤリ思っていたワインですが、思いがけず飲むことができました。

この天満の「Luv wine」は、「友達の友達は友達」の時に、はじめて連れて行ってもらった店でした。そもそも、僕は10年も大阪に住んでいたのに、この天満という楽しい街を訪れたこともなかったくらいでした。

いろんなご縁のおかげで、新しい街とも出会え、ドラマの中に登場したワインと巡り会うことができました。
すばらしい!
 
18:12  |  ミーハー  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |