FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

買い物について考える

2012.08.30 (Thu)

午前中、コストコに行ってきました。主な目的は、アサイースムージーの購入。買い溜めていた在庫がなくなり、数週間、アサイーボールを食べずに過ごしてました。本当は無糖タイプのアサイースムージーが欲しいのですが、コストコでは加糖タイプしか売ってないので、ここは折れてます。

アサイースムージーのついでに、いろいろ物色。コストコでの買い物にも少し慣れてきた感があり、「イイな」と思ったらまずは消費期限と収納場所(主に冷凍庫の空き)をチェック。「これなら食べきれる」「このサイズなら入る」となれば購入。

2012083001.jpg

そんな中、今日はペリエの24本セットを発見。AmazonならPerrier(ペリエ) 500ml×24本 [並行輸入品]は、2,146円(おそらくAmazonでの底値に近いはず)。ところがコストコだと1,398円。その差、約750円。もちろんコストコの年会費や車のガソリン代、買い物に行く時間コストなどを加味したうえで、この差額が安いか高いか?です。結局、2ケース買いました。すると、差額は1,500円に。いろいろ考えてみたりしますが、量的に解消してしまう部分もあります。「規模の経済」とでもいいましょうか?しかし…21世紀に入って、まだ「規模の経済」なんて言ってるのと恥ずかしい部分もありますね。

最近、買い物について、本当にいろいろ考えさせられます。生鮮食料品以外は、ほとんどAmazonで買った方が安いし、注文商品なら間違いなくAmazonの方が早く届きます。最近、マツモトキヨシでひげそりの刃を買いましたが、あとでAmazonで値段をみたら30%OFF。急がない買い物だったのに、なぜあの場で買ったのか…なんかアホらしくなってしまいました。さらに、Amazonプライムにしていると、朝注文した物が早ければ(急いでなくても)夜には届きます。買い物に行く時間や電車賃コストなんかを考えると、プライムの年会費など微々たるものです。

こうなると、商店まで出向いて、手に取って見て回る買い物というのは、えらく贅沢な買い方だと思えてきます。生鮮食料品を手に取って買い物するといっても、本当のところは、自分の目で見て確かめたいというエゴや、見て買ったという納得のためだけのような気がしてます。それすらも、本当に見分けられているのか?値段と素材の折り合いを見抜けているのか?というと、確固たる自信はありません。生鮮食料品ですら通販や、あるいはコストコのようなドンと大量買いでいいような気もしてきました。

一方で、それでも通う店があるのも確かです。ママ友のいるスーパー、店長さんと仲良くなった生協などなど。

2012083002.jpg

そして画像のような店が残っていると、やっぱりウレシくなります(専門学校への通勤路にある店なのですが、ウレシくてオバチャンに「撮らせて!」と言って撮りました)。結局、安さや利便性という面だけでいうと、もはやAmazonやコストコがあればかなりの物は安く早く買い揃えられます。でも、人との繋がりや、その人に会いに行くという面で、近所のお店にも通っている気がします。逆に言うと、人間的な魅力が感じられない店に寄る理由は、なにひとつないかもしれません。敢えていえば「そこしか店がない」「よく知らない土地だから」というネガティブな理由くらいでしょうか。

もちろん、Amazonプライムで朝注文して晩には届く背景には、流通に関わる人の猛烈な仕事振りがあるからで、道路の整備や二酸化炭素の排出など社会的なコストも含まれます。コストコで大量に買った物の中には、食べきれずにカビだらけにしてしまったモノもあります。この瞬間にも飢餓で苦しんでいる人が大勢いるというのに、罪悪感イッパイです。

自分の財布だけでなく、社会的なコストも考えながら、そして買い物を通して人とつながっているコトを考え、本当に必要なそして便利な買い物とはなんだろう?と思います。

 
18:22  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |