FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

長野県大町市へ行ってきました

2012.06.10 (Sun)

講演で長野県大町市へ日帰り旅行しました。

名古屋駅発の「しなの」が先行車のイオン異音発生とやらで、松本駅に到着したのは7分遅れ。もともと「しなの」から大糸線への乗換は4分しかなかったのに、7分遅れ。1時間に1本しかない大糸線。わかっていても「もしも出発した後だったら…」という不安はぬぐえず。
IMG_1322
でも、やっぱり松本駅で大糸線の電車は待ってくれててました。5分遅れで出発。

無事に乗り込んだ大糸線。北アルプスの絶景が正面に見える側の座席に座ったものの、あいにくの雨で山はガスったまんま、なんにも見えず。

講演が終わってから、前もって情報を仕入れていた「わちがい」へ行き「おざんざ」を呼ばれました。
IMG_1341
「おざんざ」については、楽家事ゼミの記事でも書いたように「なんとこの麺は塩を一切使っていないという、生活習慣病もちの麺好きには救世主のような食べ物です(僕は尿酸値が高いだけですが...)。冷や麦や太めの素麺のような食感と、うどんの喉ごしを併せもつ麺です。塩の代わりにつなぎで使うのが納豆酵母ということで「匂いは?」と思っていましたが、全然気になりませんでした。納豆が苦手と言われる関西人でもまったく問題なしだと思います。」でした。

「わちがい」もなかなか魅力的なお店でした。
IMG_1344

IMG_1347
オーナーの渡邉充子さんも素敵な女性でしたが、残念ながら一緒に写真に撮ってもらうのを忘れてしまいました。不覚でござる。連れて行って下さった大町市のI課長さんもナイス紳士でした。市長さんも熱い方で、そういえば長野市での仕事も担当さんがイイ人だったし、長野の人はホスピタリティー溢れる人が多いのかもしれません。

仕事も終わり、「おざんざ」に大満足で信濃大町駅まで送ってもらうと、ちょっと予定よりも早く駅に到着。
と、目の前に予定外の列車が!
リゾートビューふるさと」でした。
IMG_1369
いちおう時刻表で運行されているのは確認してましたが...窓口で
「今から指定買って間に合いますか?」
「停車時間長いですから。510円です」
「まだ席ありますか?」
「残ってますよ」
「じゃあ、1枚!」
まさか、残席があるとも思ってなかったので、買えてラッキーでした。
実は、あまりいい評価を聞かない座席も、乗って座ってみると、僕にはそう悪くない印象でした。ただ、僕は158cm。おまけに足も短め。そんな僕にピッタリということは、やや小柄な女性に合わせたシートだと思われます。男性の大半には座り心地がイマイチなのも頷けます。
IMG_1352

せっかくの北アルプスのワイドビューも、曇天じゃどうしようもありませんが、運良く乗ることができた珍しい列車がイイ土産になりました。
IMG_1354

途中の駅でも、大々的に宣伝。
IMG_1358

大糸線では、国鉄時代からの車両も健在!
IMG_1367

途中の穂高駅では、長い停車時間を利用して、プレートを持っての記念写真。リゾートアテンダントさんが撮ってくれました。
IMG_1374

松本駅に到着!
IMG_1375

山梨市での仕事以来の「あずさ」にご対面。遠目に見たことはあったけど、停車中のホームから見たのは久しぶり。これから千葉まで行く特急でした!ずいぶん長い距離を走るんですね。
IMG_1376

松本から名古屋までの「しなの」は、隣に座った、大学の編入試験を受けに松本へ来たという20歳の若者と、いろんな話をして過ごしました。若くても、ちゃんと会話ができる人もいれば、いい年して挨拶もできないような人もいますね。ちゃんと話のできる人は、やっぱりそういう空気がありますし、そういう表情をもっています。彼のお陰で、アッという間の2時間でした。

今回の大町市旅行は、イイ出会いがイッパイありました。僕は、行った!見た!食べた!も好きだけど、出会った!もその旅行の良し悪しを左右する大きな要素であるような気がしてます。さらに、その土地の人と触れ合った!があるとサイコーだと思います。今回は、そんなサイコー要素の溢れた旅でした。
 
14:35  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |