FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ハワイ旅行(挑戦編)

2012.04.07 (Sat)

020.jpg
3月28日から4月4日までハワイへ旅行しました。ズッと以前の僕は、ハワイがあまりにも定番化されすぎている印象をもっていました。でも、世界のあっちこっちへ旅行しているような人が「やっぱりハワイが一番」という話をしているのを聞いて、「機会があれば一度は行かねば」と思ってました。そこへ、和子さんの仕事の都合ができたので、便乗!となったわけです。

001.jpg

002.jpg

パックツアーではなく、自分たちで飛行機やホテルを予約して行く旅行なので、ある程度の課題をもって行かないと、ズルズル時間だけが過ぎていってしまいます。行く前に「これはしたい!」と優先順位をつけてきめました。

その1がサーフィン体験。
003.jpg

004.jpg
父娘で実現しました。僕はボディーボードの経験はあったのですが、サーフィンをそれもハワイで体験が「できたらエエなぁ」と思ってました。ガイド本で日本語のできるインストラクターによる体験もあると知ってたのですが、まずは様子見とワイキキのビーチに行ってみたら、いきなり「サーフィンどうですか?」と声をかけられ、そのままグループレッスンを受けることになりました。僕と加奈子の他に、高校生と小学1年生くらいのアメリカン女子の4人一組での体験レッスンになりました。

022.jpg
先生は、この沖縄出身日系3世のOKUさん。砂の上で乗り方や体重移動のコツをひととおり習って海へ。ボディーボードもそうなんですが、きっと波乗りで一番難しいのは、波のスピードにボードのスピードを合わせることだと思うんです。今回は、先生がエエ感じのスピードで押し出してくれるので楽チンでした。僕も加奈子も簡単に乗れてしまいました。でも、波に乗って押されてる感覚がタマラン!かったです。僕が波に乗ったのは、グァムの造波プールでのボディーボード以来だから、実に8年振り!「とりあえず乗った!」だけでしたが、まずはミッション達成。

009.jpg
次のミッションはウクレレ体験。これは最終日になりましたが実現できました。ギターを弾く僕にとってウクレレはサーフィンよりはずっとハードルが低いですが、加奈子にウクレレをやらせてみるというのが、今回の大きな課題でした。音楽が今ひとつ得意でない加奈子。ギターもあるけどイマイチ上手く弾けないので、ウクレレならどうかと思ってやらせてみました。

ウクレレぷあぷあ」の無料体験レッスンへ。「サマーウォーズ」にも出てきたウクレレでの「HappyBirthday」と「You are my Sunshine」の2曲を演奏。加奈子の演奏もまずまずでした。

僕一人の課題に、ダイヤモンドヘッドをジョギングで回ってくることも決めていました。これは4月1日の朝に実行しました。ホテルを出てカピオラニ公園を通っていると、Honolulu Marathon Clinicの練習ランニングと一緒になり、"Let's join us!"と誘われ、メンバーの皆さんと一緒に、ホノルルマラソンの一番の高低差区域であるダイヤモンドヘッド周回部分をクルッと走ることができました。後で調べてみたらホテルからダイヤモンドヘッドを周回して帰ってくる距離は、9.2kmで普段5~10km走っている僕には平凡な距離でした。でも、コースはキレイだし、一緒に走る人もいて、楽しい経験でした。で、次のホノルルマラソンの日程を調てみたのですが、2012年は12月9日(日)のようで、その日は長崎県での講演が入りそうで、日程が仮押さえになってます。その日は奈良マラソンの日とも重なってます。ザンネン。

僕が朝、ダイヤモンドヘッドの周りを回って帰ってきた後、今度は家族3人で、ダイヤモンドヘッドへ登りました。「疲れた」「メンドウくさい」「山よりも海に行きたかった」とグチり続ける加奈子に付き合いながらだったので、むしろこっちの方がキツかったです。
008.jpg

レンタカーを借りてノースショアへ和子さん運転でドライブしました。
012.jpg
借りた車はDodgeのCaliber。正直、Dodgeという自動車ブランドを知らず、「これはどこの国の車?」と思いながら最後まで走りました。低速ギアがものすごく引っ張る感じで、低速でちょっとアクセルを離すとガックンガックンする感じでした。

017.jpg
ワイキキ市内は、京都のように一方通行が多くて初めてのドライブはタイヘン。オマケに左ハンドル車。慣れないことばっかりでタイヘンと思いきや、今は便利な道具があります。オプションでカーナビも借りたので、目的地を入力すると、一方通行の道路も考慮してくれ、その通りに走らせるとまったく問題なくたどり着くことができました。

オマケに観光案内も収録されているので、通過地点の名所や目的地の予備知識も入れるコトができました。このナビのお陰で、ワイナマロが元横綱曙の出身地であり、曙の像も見付けることができました。
023.jpg

ハワイのフリーウェイは無料でした(無料じゃない州もあるらしいです)。無料なので、何度入っても出てもタダ。実は、ナビを使っていても、レーンの感覚が違うせいか、出るつもりでなくても走っていた車線が、いつの間にか出口専用レーンになっていて出ざるを得なかったり、入るつもりが入れなかったりと、チョットしたミスだらけでした。

でも、出入り自由ということは、一つや二つくらいミスしてもちょっと回ればまたフリーウェイに戻れるんです。これに比べると、日本の高速道路の場合は、一つ出口を間違うと、余分な料金やかなりの大回りが必要だったりして、失敗が許されにくい状況です。その分、出口表示なども神経質です。「失敗してもやりなおせるアメリカ」と「失敗するとやり直しにくい日本」の断片を垣間見たような気がしました。

一日目は、ノースショアへ行きました。
011.jpg

Matsumoto Shave Iceにも行ってきました。
013.jpg
そして、このShaveIce(かき氷)を食べてる最中に、隣から聞こえてきたハワイアンに導かれるように、公民館のような場所をのぞいてみると...
005.jpg
そこでは、退職した学校の先生達が主宰して、地元の文化や工芸品の展示や練習の会をしていました。ハワイの楽器、イプやウリウリなどの演奏体験や、フラダンスの講習、レイ作りなどの体験をすることができました。加奈子がかき氷を食べている間に、僕がフラフラ~と立ち寄ってしまい、帰ってこない僕を見に和子さんと加奈子が入ってきて、3人ともしばらく皆さんに交じって参加させてもらいました。

旅行に行っても、なかなか地元の人と交流するのは難しく、せいぜいお店やホテルでチョット話をするくらいになってしまいます。偶然とは言え、こうやって地元の町の人と、セッティングされた状況ではなく接することができたのは、とっても有り難い経験でした。

ミッションの中に、フラダンス体験を入れようかと思っていたのですが、「これはまぁ無理かな?」と外していたのに、思わぬ形で実現しました。

014.jpg
和子さんの仕事仲間の計らいで、ディナークルーズ経験もしました。ワイキキ沖から見る夕日やダイヤモンドヘッドを堪能することができました。

007.jpg

024.jpg
滞在中に一度も雨に降られず、イイ天気に恵まれました。帰りに空港まで乗ったタクシーの運転手が、「先々週は、雨ばっかりで観光客もガッカリだったんだよぉ。君たちはラッキーだったね」と言ってました。

実は渡航前、和子さんと加奈子は風邪をひいてタイヘンでした。でもハワイに着いて2日目くらいにはすっかり治っていました。体調も良く、怪我もせず、楽しいハワイ滞在でした!…と言いたいところですが、チョビッとだけトラブルがありました。それはまた他の機会に。長くなったので、今回はここまで。
16:49  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |