FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

肩書きを変更して新たな一歩を

2012.03.16 (Fri)

熊本県八代市での講演レポートでも触れましたが、この少し前ぐらいから「スーパー主夫」という肩書きに限界を感じ始めていました。

率直に話のできる某自治体担当さんに尋ねてみると、
「ん~スーパー主夫でも悪いことはないけど、女性から誤解されることはあるやろなぁ。『男性が家事するだけでスーパーなん?』とか。それに、予算決済の承認を受ける時に『スーパー主夫って...大丈夫か?』という声を聞くことがたまにあるわぁ」
と、場合によってイマイチな反応もあると聞いてました。

調べてみると、2002年5月からの毎日新聞連載を機に「スーパー主夫」を使い始めて、今年で10年。変えるならキリのいい今や!と考えてみることに。

でも、慣れ親しんだ「スーパー主夫」に変わる肩書きなんて、なかなか出てきません。2007年3月の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」で使い始めた「プロ主夫」がせいぜい(こっちは使い始めて5年)。

ここはプロの意見を聞くしかないでしょう!と、企画屋プレスの山口照美さんに相談。あれこれ口にしながら、思い付く端から書き留めていき行き着いたのが、

楽家事ゼミ主宰 / 家事ジャーナリスト


僕が考えていた「○○研究所 所長」「○○塾 塾長」というのも、ちょっとイメージが違う感じだったし、せっかく大学で教師してたこともあるし、ここは「ゼミ主宰」でいこう!と。

さっそくFacebookに楽家事ゼミのページを作り、これからゼミの主旨沿った記事を掲載していくことにしました。

もう一つの家事ジャーナリストは、家事ライターにかわる堅めの肩書きとして使うことにしました。家事ライターって、聞きようによっては火事ライターになって、よろしくないというのもありました。

肩書きは変わっても中身は変わらずの僕ですが、今後は肩書き負けしないように役に立つ情報発信を続けていきます。今後ともよろしくお願いします。
16:21  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |