FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ゆっくりそしてタップリ食べる

2011.10.30 (Sun)

2011103001.jpg

どこの子どももそうらしいのですが、加奈子もメチャクチャに食べる時期と、割と少なくても大丈夫な時期があります。今の量はそれほど多くないのですが、それでも同じ年齢の時の僕に比べると、はるかにたくさん食べてます。

今は量よりも長時間食べです。今日の父娘二人のお昼ご飯は牡蠣フライ。山盛りキャベツとトマトのセット。フィッシュ&チップスならぬ、オイスター&チップスです。それにご飯と味噌汁と納豆。牡蠣フライは8個揚げたんですが、3個が僕で5個が加奈子。

上の画像から下の画像の「最後の仕上げ」まで、実に1時間10分。ゆっくりゆっくりシッカリ噛んで食べてます。ズーッと背の小さい方から数えて3番目以内だった僕とは正反対に、ズッと大きい方から数えて数番目の加奈子とは、ホンマにまるで食べっぷりが違います。

ゆっくり食べてるから、お腹いっぱいで食べるのにウンザリしてるのかと思うのは、小食の僕。「ん?早く食べてしもたらモッタイナイから」ゆっくり食べてるというようなことを、加奈子が言ってたような気がします。たくさん食べる子は、食事に対する見方も前向きですわ。

2011103002.jpg

正直言って、イタリア人並みのゆっくり食べは、いつまで経っても片付けができないという問題があります。僕なんて食べる量が少ないうえに早食いなので(和子さんはもっと早食い)「え~まだ食べてんの?」と思ってしまいます。

でも、食事に関する物の本には必ず「ゆっくり食べましょう」と書いてますし、身体にもそっちの方がエエのは重々承知してます。ゆっくり食べながら、いろいろ話もしながら、食べる以外の要素も含めて、食事を楽しむというのは僕も目指したいところなのですが…。

牡蠣フライは加奈子の好物。今回はさすがに「ポテト、おやつに残してよい?」と言ってましたが、ほぼ完食でした。それでもポテトは自分で食べる算段になってる。好物を腹一杯食べる。腹一杯食べるから胃袋が大きくなり、ますますたくさん入るようになる→たくさん入るからたくさん食べる→たくさん食べるからたくさん入る→のサイクルになってる気がします。

鉄分の多い牡蠣は貧血予防にも効果的。女性の食事には貧血予防やカルシウム補給も大切です。牡蠣に小松菜のおひたしかソテーでもあれば最強です。

僕は食が細くて、とくに低学年の給食の時間は、残さず食べるというのがホンマにシンドかったです。一方、加奈子はゆっくり食べが災いして、時間内に食べられるかでいつも無理して流し込んで食べてるらしい。そういう給食ってどうよ?と思ってしまいますけどねぇ。「早く食べなさい」とか「食事中はお喋りしない」とか、学校給食って「食育」と真逆をいってる気がするんですけど、他の学校や地域ではそんなことないんかな?

とにかく、家ではゆっくりタップリ食べる加奈子でした。これでも、今は量の少ない時期。
15:13  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |