FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

在日米軍といえば

2011.10.26 (Wed)

僕が卒業した大阪市立大学には、当時まだ太平洋戦争後の在日米軍兵舎が大学構内に残っていて、そこがクラブの部室として使われてました。

そんな学生生活のある日、大学の近所のクリーニング屋に服を持って行ったら、そこのオヤジさんが「うわぁ~こりゃ懐かしいなぁ」と声をあげました。僕が持って行ったのは、米軍払い下げのジャケットで、当時はMA-1というフライトジャケットが流行ってましたが、そうではなく太平洋戦争直後仕様のいわゆる軍服で、肩には部隊章までついてました。どこかの古着屋で500円くらいで買ったモノでした。

「いやぁ~この服を着たアメリカ兵がこの近所にもイッパイ居てなぁ」というオヤジさんの話は、なかなか興味深いものでした。

「最初に駐留したのは召集兵の部隊で、彼らはチャンと教育されたエエ人達やったんや。『チョコレート!』ゆーたら投げてくれたりしたんや。こっちの人間にも親切で、日本の軍人(軍関係者のコトだろうけど)よりズッと親切で、敗戦してよかったと思ったくらいや」

「ところが、次に来た部隊は志願兵の連中で、こいつらは柄が悪ぅて、あっちこっちでいざこざ起こしよってなぁ。おおからアメリカでも居場所のないヤツらがコッチに暴れに来た感じやったなぁ」

ひとことで駐留米軍といえども、その部隊によって、まったく性質が違ってくるという話でした。

そういえば、僕が社会福祉士の実習施設として通った児童養護施設の「聖家族の家」も、設立は駐留米軍のオライリイ軍曹によって進められたと聞きました。

沖縄の普天間基地移設問題がニュースでも取り上げられていました。僕は軍隊は「無くてすむのなら無い方が良い」というスタンスなので、沖縄どころか地球上からも無くなる方がイイと思ってます。でも、基地の街で暮らす人達(とくにオヤジさんの話でいうところの「エエ人達」と接する人達)にとっては、スパッと切れる話でもないだろうなと思います。短期的な目標と長期的なビジョンの両方を出して、そこを繋げる提案を政治家には期待したいです。
14:01  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |