FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

味苑の鴛鴦火鍋

2011.02.01 (Tue)

先週、土曜日の夜は久しぶりに「味苑」に出掛けました。
2011020101.jpg
加奈子はいつものオーダー。この人は、出無精なうえに新しい物へのチャレンジ精神が、今ひとつなのです。「キュウリの香油和え」と「海鮮おこげ」。いっつもいっつも同じ、このメニューを頼んでます。

大人の方は、岡山での講演の後というコトで、ホッとしたのもあり、「普段、注文しないメニューを」ということで、この「鴛鴦火鍋」を注文。「鴛鴦」は、「おうえん」とフリガナされてましたが「おしどり」ですよね。おしどり夫婦のおしどり。これを夫婦で頼むってのも、なんかね(^^ゞ
2011020102.jpg
注文して、まず来たのが加奈子の注文の品。火鍋はなかなかこなくて、やっと来たと思ったら、意外と少ない感じ。以前、頼んだ時に、赤い方へドバッと入れて泣きをみたので、今回は半々に。とくに、野菜は白の方にいれるようにしました。肉よりも野菜の方が辛さを吸い込んで、食べる時にハードパンチを受けます。肉も辛くはなりますが、野菜ほどの激辛にはならないです。
2011020103.jpg
赤も白もスープがとっても美味。赤の方は、唐辛子だけではない、様々なスパイスが絡み合った辛さで奥深いんです。僕は好きですが、和子さんは白菜をひと囓りして「ギブアップ」と。
2011020104.jpg
赤の中身を、ほぼ一人で片付けるとさすがに、汗も鼻水もドバーッと放出。ここまで辛いと爽快であります。
2011020105.jpg
最後は、中華麺でシメなんですが、さすがに赤で食べる元気が残ってませんでした。加奈子と白の中の麺を半分ずつ。この白のスープの中身が全然ワカランのですが、コクがあるのにさっぱり(赤と比べるから?)。鍋の中のあらゆる食材とキレイに絡む、不思議なスープでした。

一人2800円の鴛鴦鍋。十分にモトをとれる内容でした。できれば、半月二つでなく、曲玉二つの鍋の方が格好エエ(たしか、以前食べた時は、曲玉二つだったきがするけど)ですが、きっと曲玉型は掃除しにくいんでしょうね。
15:37  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |