FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

昨晩のカナダGP

2007.06.11 (Mon)

なんと、今シーズンはじめてF1中継を見ました。見たといっても、録画モノを今日のお昼に再生しただけですが…

1位ルイス・ハミルトンというのは、知ってて見たのですが、2位にハイドフェルド。これまたミスせず、トラブルに巻き込まれずという堅実な走り。一時は、優勝にかなり近いところにいたと思ったんだけど、なかなか最後のエイヤ☆が出ずに、最高位2位。今回も、最後のセーフティーカーがアウトする前に、脇阪寿一が「やるなら今や!」とハッパ掛けてましたが、気持ちわかります。

3位にブルツというのが、なんか久々!です。ベネトンにいた頃は、ボチボチな成績だったと思うのですが、その後「あの人は今?」状態。久しぶりに表彰台で見て、改めて「デカッ!」という印象です。

表彰台は新鮮で意外で僕にはウレシイ面々でした。

4位に入ったのは、今シーズンデビューのヘイッキ・コバライネン。5位はライッコネン。フィンランド人の2人。フィンランドからは途切れずにF1ドライバーが登場してきますが、あの国のどこにそんな才能を見付けたり育てたりする仕組みがあるんやろか?と思います。すべてはケケ・ロズベルグ個人の貢献というワケではないと思うんです。レート、ハッキネン、サロ、ライッコネン、コバライネン。ラリー界ではアリ・バタネン、トミ・マキネンなんかもいて、メイドライバー産出国ですね。運転手にするならファンランド人?(笑)

そして6位!今シーズンもズンドコ?と思っていたスーパーアグリの佐藤琢磨。本家HONDAの絶不調をよそに、2回目の入賞。レース途中には、思いがけずピットインしたA・デビッドソンに対して(調べてみると、なんとビーバーと激突したらしい!)、用意できてなくて誰もピットレーンにいない(泣)という淋し?い事態も起こってましたが…。なにはともあれ琢磨選手6位入賞です。終盤でソフトタイヤを付けてヨロヨロ走りのアロンソをズバッと抜いての6位入賞。なかなかやりますなぁ。

今回の中継。脇阪寿一の関西弁丸出しの解説が、一番笑えました。「なにしてるんやぁ?」「うわぁ?なんやこれ!?」草レースの解説を隣の兄ちゃんが解説してるみたいでした。僕は好きですけど、受け付けられヘン人も多いやろなぁ。
17:06  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/5191-9bf2cc4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |