FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

男性はなんの機械なんだろう?

2007.01.29 (Mon)

柳沢厚生労働相の発言
「15?50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭でがんばってもらうしかない」

この人のセンスの無さや無能さは、ずいぶん前から露呈しているわけで、任命した人の責任もさることながら、在任中はこんなオヤヂが国民の健康や命や働く保障を担っているのだと思うと、お先真っ暗です。

さてさて、この発言。
「女性の…」と言うからには、その反対の「男性の…」について、潜在的なイメージがこのオヤヂにはあったはず。

男性はなんの機械、装置なんでしょうかね?それとも、それを操作する「人」とみているんでしょうか?昨今の厚生労働政策を見ていると、男性を「人」として認識していないような気がします。いったい、なんの「機械」とみてるんでしょうか?男性として気になります。

--
この大臣は、母親について、「自分を『機械』のように生み、『装置』のように育てたってコトを言ってるわけですよね。妻にもそのような感覚で接しているのでしょう。娘や従妹や姪がいたとすると、その人達が「機械」や「装置」扱いされてもイイってコトを言ってるわけですよね?

おそらくそこまでの自覚は無かったでしょうねぇ。だけど、自覚が無いってコトは、一般人なら「アホや…」で終わりますが、そういう部分のセンスが欠落している人が、健康や命や仕事を牛耳ってるわけですから、こりゃ辞任させられてもシャーナイと思いますよ。防衛大臣がそういう発言をしたのとはワケが違うと思うんですけどね。
09:02  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/4733-4424368b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |