FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

奨学金の返済

2006.12.21 (Thu)

今年の3月に大学院を退学したので、奨学金の返済も今年から始まりました。修士課程の2年間だけ奨学金を受け取っていたので、1,944,000円です。しかし、これに年利2.729166%の金利が乗っかって、13年間払いで・・・・・・という額になります。奨学金に金利が乗るというのは、おそらく他国では例をみないと思います。

先ほど、確認に日本学生支援機構に電話したところ、繰り上げ返済OK!ということだったので、できるだけ早めに返済して、金利分を節約したいと思います。んがっ!とりあえず、この前、赤字寸前から立ち直ったばかりの僕の預金口座にそんな余裕はありません。今回は、今年分の返済だけになりました。トホホ。逆に、「年末に、よくぞそんな金が残ってたね」と思いますわ。

電話の先が、ナビダイヤルという昔のQ2みたいなヤツでした。なんか…あまりの世知辛さに涙がチョチョ切れます。声の向こうの女性の対応が丁寧だったのが、唯一の救いでした。

まぁ、僕の場合は、修士課程の間に、ものすごい数の文献に当たることができたことや、いろんな場所の研究会にも参加できたし、交流もできたし、パソコンの技術も基本的なところがマスターできたし、いろんな面で金銭的な余裕によって幅ができた気がします。充実した修士過程の期間が送れたのは、奨学金のお陰でもあるとおもうんです。

でも、実際に僕達世代より下の元学生達は、現実を振り返って「奨学金もらって良かった」と言える人が、そう多くないのではないかと思います。進学するために奨学金を受け取っても、その不十分な額ではどうにもならなかったり、「返済のことを考えると手を付けられない」という学生もいたり…です。
13:25  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/4630-96ce89d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |