FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

カーズ

2006.07.29 (Sat)

久しぶりに映画館で映画を観ました。

カーズ

保育園で見に行ったお友達が「行った行った」というのを耳にして、加奈子も行きたくなったらしい。保育園から割引券ももらっていたので、和子さん出勤の今日、加奈子と二人で出かけ、映画館で和子さんと合流。

加奈子はというと、途中で「暑い」と言い出し、「はぁ?」と思っていたら、途中から「…zzz…」。まったくもう、呆れてモノが言えんかったです(そりゃまぁ映画館だし…)。

いい話でした。

「勝ちゃ?イイってモンじゃない!」

というのを、"あの"アメリカ人が作ったというのがイイです。またまた、アメリカの懐の深さを感じました。マッチョな面ははすごいマッチョだけど、アンチ・マッチョな面も素晴らしくアンチ・マッチョなのがアメリカ。

アメリカのいいところは見習いたいモンです。この映画は、まさに古き良きアメリカン・スピリットに満ちていました。今の(少なくとも外交レベルの)アメリカが失っているモノを、アメリカ人自身が見直そうとしているように思えました。現代のアメリカ映画にも「判官贔屓」的メンタリティーが存在するのには、驚きでした。この「古き良き」感は、キリスト教系保守な団体やWASPのマッチョな価値感とも、ちょっと違うんですけどね。彼らには、寛容や優しさという「古き良き」スピリットが欠如しているように思います(という十把一絡げな不寛容な僕(^^;)。

今の外交ニュースに出てくるような、ごり押しのアメリカしか知らない人には、「なんでマックイーンは勝てるレースを放り出したりしたんだ?」「勝負ってモンがわかってない!」「あの映画のなにがいいのか理解できない!」といった反応だと思います。「勝負に勝っても人生に負ける」人達ではないかと思います。

アンチ・マッチョのエッセンスの一つは「負けるが勝ち」。「カーズ」はピッタリでした。
21:21  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/4242-731efe71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |