FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

HONDAチームの戦略って

2006.04.24 (Mon)

Mシューマッハー今季初V F1のサンマリノ

シューマッハーが久しぶりに勝ちましたね。これでポイントランキング2位です(といってもまだ4戦しかしてませんけど)。アロンソか?シューマッハーか?はこの際、高次元の話として置いておいて…

HONDAチームはまたまた予選結果が決勝につながりませんでしたね。
ジェンソン・バトンのデータをザッと調べてみたところ、

予選順位はPP3回、2位5回、3位8回なのに対して、
決勝順位は優勝0回、2位4回、3位9回です。

ちなみにPPの時の決勝は、2位、9位、DNFそれぞれ1回です。
予選2位の時の決勝は、3位3回、5位1回、今回の7位1回です。
予選3位の時の決勝は、2位3回、4位2回、5位、DNF、DSQそれぞれ1回。

決勝2位の時の予選順位は、PP1回、3位3回、
決勝3位の時の予選順位は、2位3回、5位2回、6位3回、9位1回です。

このデータ。「よく頑張ってるじゃないの」とみるか、「予選の結果が決勝に結びついてない」とみるか、それはいろいろだと思います。僕は、後者です。単純に、予選と決勝の順位を比較すると、ちょうどPP分3回の表彰台数が合いません。とくにフロントローからは8回あるのですが、決勝2位以上はその半分。特に気になるのが、PPと2位スタートの決勝で、その順位を維持できていないことです。

予選結果である程度の順位がでるというコトは、(チーム戦略として予選勝負に出ているにしても)ドライバーの腕はそれほど悪くないと思うんです。ところが、その予選結果がなかなか決勝の順位に反映できていないというのは、やはりチームが足を引っ張ってるんとチャウか?という気がします。

今回のサンマリノGPでも、ピット作業でタイヤでモタモタ、給油でドタバタ。これまでもよくあったのは、ペースは遅くないのにピット作業の度に順位が落ちるという結果です。タイヤを交換した途端に遅くなったというのもありました。何が原因なのかは、素人の僕にはわかりません。

初優勝好きの僕はバトンに早く優勝して欲しいと思ってるのですが、サンマリノGPの結果をみると、マッサの方が先になりそうな感じ。ここ数年、優勝に近いか?とおもっていたハイドフェルドはザウバーBMWで、可能性が遠のいた感じがします。勝てそうで勝てないHONDA。欧州一流チームとの差は、まだまだ大きいんでしょうか?

前回のオーストラリアGPで、エンジン交換を優先するために、敢えてリタイヤを選んだHONDAチーム。もしかして、「あれが今シーズン最後のポイントチャンスだったのに…」ってコトにはならないですよね?

今回のサンマリノGP。「歴史に残るレース」という記事もたくさんありますが、僕は今一つ燃えられませんでした。前時代F1の人間なせいか、ピット戦略レースよりも、「コース上で」順位が入れ替わりまくるレースを期待してしまいます。抜かれた車が抜き返すというシーンが、ほとんど見られなくなって寂しい限りです。オールドファンとしては、ぶつかってもいいから抜きに行って欲しいですが、ドライバーにそんなことをされたらチームは継続参戦出来ませんし、ぶつけられた方もタマランでしょうね。順序よく周回をこなし、抜くならピットでというのが、最近のF1な気がします。
14:29  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/3995-eceea01a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |