FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

京丹波町での講演映像が届きました

2008.01.24 (Thu)

sImage7.jpg sImage8.jpg
2008年最初の講演は、1月12日の京丹波町だったのですが、この講演は、僕の講演の中でも最悪の体調でした。映像を見て、自分でも「よぉ~立ってるなぁ」と思うくらいでした。さすがに緊張感があるのとギャラもらっている以上は倒れられないですけど、それでも録音されている部分を聞くと、やっぱり鼻声でした。

主催者の役場から、講演のアンケートが届いていて、講演の評価は
「大変よくわかった」24名
「よくわかった」9人
「普通」1人
「不明」2人
でした。おおむね好評だったようです。うれしい~!

自由記載の部分では、「楽しい講演だった」「わかりやすい話で共感する部分が多くよかった」などなど好意的なコメントがありうれしかったのですが、好意的な評価と別に、「もっとたくさんの人に聞いて欲しい」「よい催しなのに参加者が少ない」「講演はすばらしかった。参加者が少なくて残念」などなど、空席の多さを指摘するコメントもたくさんありました。

そうなんです。

sImage9.jpg当日は、かろうじて雨が降ってないという状態で、僕の講演日にしては珍しく晴れじゃありませんでした。それもあるし、僕がそんなに有名人じゃないというのも影響して、右のような空席ぶり。

画面の右端(会場出入り口寄り)に人が集まっていたので、仲島先生の講演でも言ってたとおり「聞き手に近づけばエエねん」を実行して、僕の立ち位置もそっち寄りに移動。

しかし、改めて画像としてみると、「こんなに空いてたか…」と驚きも。前から見ると、そんなにガラガラって感じでもなかったんですけどね。この右端には本当に陽気なおばちゃん一段がいてはり、きっとその人達のノリの良さに助けられてたんですね。

sImage10.jpg早めに会場に入り、雰囲気の良さそうな来場者を見付けて、要所要所で目線を送りテンション落とさず話しきるというのが、少し身に付いてきてる感じです。映像の中にも、「目線送り」の部分(←)がありました。僕の前の寸劇の最中に、客席をチェックできたのがよかったです。出番前の挨拶や出し物も一緒に見せてもらう方が、絶対にイイですね。ネタにもなりますし、流れがつかめます。

しかし…映像で見ると、相変わらずクニャクニャと定まらない動きです。体調が悪くて、「止まると死ぬのじゃ~」状態であったこともありますが、「ここぞ」という時は、ピタッと止めれないと、話もダラダラして聞こえてしまいますね。「静と動」を使い分けられるようになりたいです。ごく短い映像でしたが、こういう映像はきっと編集上の「いい場面」を使ってくれていると思うんです。それでも、このクニャクニャです。「他にエエ場面はなかったんか…」と思うと、ガックリです。なんとか改善したいです。
17:22  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/374-fccf20ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |