FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

送り主、代表者名…

2008.01.15 (Tue)

そろそろ講演や原稿の支払調書や源泉徴収票が送られてくるシーズンがやってきました。

昨年も、滋賀県内で講演したので支払者「滋賀県知事 嘉田由紀子」の支払調書です。直接本人から、「はい」と封筒に入った現金を受け取ったワケじゃないから、「そういや、この人やわ」という感じです。

こういう名義って、大半が本人にはどうにもならないことですが、「後から考えると貴重」とか「今思うとムカツク」とか、いろいろ出て来るもんですね。

例えば、僕の社会福祉士の資格証書は、1996年4月当時の厚生大臣「菅直人」名義で発行されたものです(菅直人の在任期は1996年1月11日~11月6日)。その半年後だと、小泉純一郎名義になったわけですから、ごく短い期間の、でも薬害エイズ問題解決で有名になった時の大臣と時期だったというのは、巡り合わせですね。

僕は、最初の大学である、大阪市立大学を5年間通ったのですが(通称「留年」)、1年余計に通ったおかげで、卒業証書の学部長名は、ゼミ担当の宮本憲一先生になり、ある意味ラッキーでした。ゼミのOB会で、威張れる数少ない名誉です。4年で卒業してたら、多分、他の会計学の先生の名前になってて、「これって誰やったっけ?」になっていたと思います。

今年、司法書士になった友人は、証書の発行者名が「鳩山邦ちゃんやでぇ。アルカイダの友達の友達やがな…トホホ」と言ってました。こういう後々に名前が残る人達は、その名前で発行された証書や書類を残す人達のコトも考えて頂きたいモノですなぁ。
14:17  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/337-c1571fdb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |