FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

中国地方電力総連でWLB講演しました

2010.09.04 (Sat)

IMGP0287s.jpg広島市での中国地方電力関連産業労働組合総連合(中国地方電力総連)の第5回男女平等参画フォーラムで講演してきました。

昨年もお問い合わせを頂いていたのに、日程が他の講演と重なりお請けできず、実に2年越しの講演となりました。講師派遣会社の担当さんからの話では「電力系ですし、男性が大半だと思いますので、そのつもりの内容を…」と聞いていたのですが…

会場に到着すると、男女半々?というよりも、むしろ女性の方がちょっと多いよね?という構成でした。しかも未婚の人も大勢。内容はいかようにも変更できるように、今やスライドの文字は最小限。例え話などを初期設定よりも屋や若い人向けの内容に変更してみました。

とっさの変更で上手く挿入できたエッセンスがあった分、言い忘れたエッセンスもありました。
分の身の回りのを自分で全うするという意味の「自事」について、一人暮らしでのライフスタイルがその基本である点について触れ忘れました。

「共同機会の減少」のところで、「共同することがなくなり、共有する経験や情報が減り、会話も成立しにくくなる。そして、家族の会話は、いつの間にか業務連絡ばっかりになってしまう」という内容を触れ忘れました。これは講演の後の意見交換会で、一部の方には補足説明することができました。これは「育児ノイローゼ」の話をカットしたのに伴って起こったコトでもあります。女性が多いのであれば、「育児ブルー」の話は入れてもよかったなぁと思います。

言い忘れはいくつかありましたが、伝えたい主旨は、会場からの質問などで十分伝わっているように感じました。

「お小遣いというか、自分の自由なお金についてはどうされてますか?」という質問がありました。ホームページの「意外に難しい家計分担」でその話について書いています。外食については、こんな取り決めもあります。自分が友達と食べに行った分は自分の出費。でも、夫婦や家族で食べに行ったり飲みに行った分の代金は家計出費になります。つまり、自分の友達と夫婦を巻き込んで食べに行くと、自分の出費は無いし夫婦共通の友達も増えるというメリットがあるわけです。一緒に連れて行っても大丈夫なパートナーになるということが必須ですけどね。

その他、自分の趣味の時間の確保の仕方についても質問がありました。これはワーク・ライフ・バランスにおいては重要なことですね。実は、今回、抜いたスライドが一枚ありました。それは「(ワーク・ライフ・バランスが取れていると)趣味をあきらめずにすむ」という内容でした。ワーク・ライフ・バランスというと、仕事と家事・育児のバランスと解釈される場合もありますが、大事なのは「自分の時間」です。「ライフ」を敢えて「私生活」と言う人もいるくらいです(パク・ジョアンスックチャさんね)。僕が「家事の手抜き」を推奨するのは、この「自分の時間」を少しでも多く確保して欲しいからです

各テーブルに別れての意見交換では、僕も各テーブルを回って講演の補足をしたり、個別に質問を受けたりしました。

「古い写真などを片付けようと思っても、つい見入ってしまいなかなか片付かないんですけど、どうしたら…」という質問がありました。写真の片付けは、古い方からすると、懐かしさのあまり見入ってしまいます。逆に、最近の写真から整理していくと、勢いが付いてはかどりますよと提案も。

「もう部屋中ゴチャゴチャでどこから手を付けて良いのか…」という男性がいました。例えば8畳の部屋なら4区分にして、「今日はこの区画を片付けるぞ」と細分化してみては?と提案してみました。その2畳分にあったモノを6畳分にブルドーザー的に移すだけの瞬間移動片付けでもOKとします。なにしろ、床が見えれば希望も展望も見えて来ますから。

家計分担は好評で「今日から我が家でも導入しようかな」という話をあちこちで聞きました。同じテーブルの女性が、「ウチは家計は全部私が握ってるから話したくない」と言ってました。なかなか既得権益というのは手放せないモノなのでしょうなぁ。

毎回書いているように、僕は講演に参加された方とのやり取りがたくさんできたら満足で、足りないとチョット寂しいと感じます。その点でいうと、今日は大満足でした。残念だったのは、もうちょっと帰りの新幹線を遅くして、もっともっと皆さんとお話ししたかったということです。でも、名残惜しいくらいがちょうどなのかもしれませんね。

ものすごく残念なのは、大好きな広島のお好み焼きを食べられなかったことです。関西のお好み焼きとは全然別物の広島のお好み焼き。僕の人生選択にも大きな影響を与えている食べ物です。これはこれでお好み焼きツアーを企てるべきかもしれません。仕事のついでに食べるものではないかぁ…あ~でも、サワリだけでも、食べたかったのが正直なところです。
20:39  |  講演記録  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |