FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

過労死の根源的原因か?

2007.12.25 (Tue)

「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画
--
 原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。
 悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。
 プロデューサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。

--
実は、僕も、あんまり泣けない話なんです。
だもんで、泣けない人達が世界にはたくさんいるって知って、ホッとしてます。
「泣かれへんのって自分だけなんやろか?」「僕って冷徹人間?」と思ってました。


この「滅びの美学」。
これがある限り、過労死や過労自殺は無くならないんじゃなかろうか?と思います。
全身全霊を付くし花と散るという美学があるとしたら、「なんとかしよう」とか、「なんとか打開策を見付けよう」という方向に向かず、「もうアカン!死のう」になるような気がするのです。

「死ぬ気で頑張る」という言葉もありますが、死ぬ気で頑張る姿は「花と散る」よりも、泥臭いイメージです。でも、その先には、また別の次元の生活がまっているのですから、是非、そっちを評価する世の中になって欲しいなぁと思います。

「どこで間違えたか?」「どう修正したらいいか?」これには論理的な発想が必要で、盲信や感情だけでは、なんにも解決しません。「こんな会社辞めや!」と思って飛び出したり、「こんな婚約アカン!」と破棄したり、わりと感情的に辞めたり中断したりした僕ですが、今になって思えば、「一生懸命仕事続ければ、また道が開けるかも…」とか「じっくり話せば、相手も変わるかも…」ではなく、「アカンもんはアカン!いったい、僕の生活、どこで狂ってしもたんやろ?」と振り返り、計算してプッツンしてたのかもしれません。

「辞めたい」「別れたい」…と言いながら、ズルズル流され、結局、なんの解決もなく荒んでいく人がいます。良くなる兆しがまったくないのなら、「はい!次っ!」も大切やと思います。寒さに凍えて死んでいくネロの姿に涙するのもエエのですが、いろんな人の助けを借りながらでも、しっかり生きる姿に涙流するのもエエと思うんです。敢えて「他人の迷惑になってやる!」というのはダメですが、「どう仕様もない時は、信頼できる人に相談したらエエねんで」というのを子どもにも伝えていきたいです。



最後の
--
バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす
--
ですが、言い換えると、「日本人は変えないこと、変わらないことに価値を見いだす」とも読み取れます。一方で、ものすごい変化をいとも簡単に受け入れるのも日本人。この乖離は、同じ人間の中で起こっているのか?それとも違った層でそれぞれが起こっているのか?もうちょっと踏み込んで考えると、こんにちの社会病理も、少し読み解けるのではないか?と思います。
16:46  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

ああ,これなー

奇遇やなー.ちょうどわたしも今このニュースみてた(笑).

滅びの美学,ってのもあるだろうけど,どっちかっつーと高潔さに殉じることへの美学,みたいなところなんではないだろうか,と思う.
筋を通して死んでいく...みたいなのってわりと一般的に好きじゃない?
森雪しかり古代君しかり,沖田艦長もだし...デスラーもか(笑).

#サンプルが偏ってることは陳謝いたします(笑)
manabu |  2007.12.25(火) 17:22 | URL |  【編集】

「高潔さに殉じることへの美学」
ってコトは…自分の信仰への高潔さに殉じる、いわゆる「自爆テロ」のメンタリティーも含みうるってコトか。う~~む。

サンプルの偏りについては、世代やノォ~シミジミ。
山田亮 |  2007.12.25(火) 19:42 | URL |  【編集】

立ち去れと人魚姫

いい意味での我慢は大事だと思うのですが、
ダメなときの「これはアカン!」という判断や
何かの関係においての「離れる」決断は、
大事だと思います。

私は、(名前を忘れたのですが)
外国の心理学者だったか哲学者の
「立ち去れ」という言葉が、
すごく印象に残っています。

・・

「フランダースの犬」や「人魚姫」は、
小さい頃に納得できないというか、哀しくてねえ。
(日本人独特の美学もわかる気がします。
あと、今も人魚姫に対しては・・・。
このへんは、ジェンダー論に発展しそう。笑)

フランダースの犬に関しては、
別のラストシーンを妄想していた、
小学生の私でありまする~。

物語としては、ハッピーエンドがいいともいえないんですが・・・。
矛盾だなあ、私。

モモ |  2007.12.25(火) 20:24 | URL |  【編集】

まあなー

もっとも他者に迷惑をかけるかどうかで大きな違いがあると思うすけどね.> テロ系
殉じるってのだと日本人だけじゃないメンタリティなはずなので(特に信仰がからむと),日本人特有の美学,ってのからは外れてくるかなあ.
ってことで,やっぱ「殉じる」だけではなくて「高潔さ/誠実さに殉じる」というフレーズで考えるべきもの,あるいは「判官びいき」的な弱者の美学に対する共感,みたいなところなのかなあ.
manabu |  2007.12.26(水) 10:43 | URL |  【編集】

> モモさん

人魚姫は、翻訳者やアレンジの仕方で、随分内容が変えられて伝わっている話のようですね。

原著を読んだことがないので、正確にはわかりませんが、ディズニーアレンジの場合、ある種のジェンダーバイアスが加味されたとしても、なんら不思議ではありません。「ピーターパン」「シンデレラ」…「女性はかくあるべし」「母たるもの…」的な隠喩が随所に散りばめられていて滑稽ですよ。冷静にみると、どれも「なんでやねん」とツッコミどころ満載。

「フランダースの犬」ですが、ウチでは加奈子に見せることはないと思います。大人になって、なんかの機会に見るなら、許容できると思いますが…子どもの加奈子に話をどう説明するか、今の僕にはその技量がないですね。
山田亮 |  2007.12.26(水) 11:21 | URL |  【編集】

> manabuさん

日本人のメンタリティー自体も、そう単純じゃないと思うんよね。実際、フランダースの犬をみても、共感する人もいればしない人もいるわけだし。ベルギーのこのドキュメントも、一種のジョークみたいに思ってるんじゃないかな?と。なんせコスモポリタンの国ベルギーでしょ?「ベルギー人って○○やん?」というのが、一番向かない国のような気もするし。

とはいっても、自分のメンタリティーを振り返ってみるのは、おもしろいよね。
「なんで、こんなモンにハマルんやろか?」とか。
山田亮 |  2007.12.26(水) 11:25 | URL |  【編集】

引かれそうでヤなんだけど(^_^;)

フランダースが日本人ウケするのは、
「高潔さに殉じる美学」より「判官贔屓」的な感情の方が
強いような気がします(どっちもmanabuさんのご意見ですが)。
だいたいネロには使命とかはなかったわけだし。
「あんなにいたいけな子がいじめ抜かれて死んじゃうなんて
かわいそーだわー」と涙しながら、どこかに自分を重ねて
見ているナルシズム。
泣けるとわかっている映画を泣くためにわざわざ見に行く
感情と似ているような気がします。
これって一種のカタルシスですよね。

「感情」というファクターで日本史を見ていくと
ちょっと説明ができる気がするんだけど(あくまで私見)
日本って腐っても万世一系の天皇統治国家でずっときていて
頂点に立つ権利をあらかじめ奪われて生まれてきた民族でしょう。
日本史上「革命」って一度も起こったことがないわけだし。
だから弱者の立場で死んでいった者を美化することで長いこと
感情のバランスを取ってきたDNAがあるんだと思う。
判官贔屓の語源になった源義経が未だヒーロー扱いされてる
のもその現れだし、それよりもっと前には菅原道真とか
源氏物語とかいろいろあるわけでしょう。
(↑これ、当時政権を握っていた藤原氏の政敵(源氏)を
わざわざ主人公にしてるんだからものすごいよね)

で、ここまでくるとわかると思いますが
判官贔屓の根底にある感情は「怨霊信仰」です。
恨みを残して死んだ弱者が祟って出てこないように
最大限の花を持たせて弔うという古来からのやりかたが
実は、判官贔屓を経て武士道、パトラッシュに至るまで
形を変えて受け継がれてきたんだろうなぁというのが
ワタクシの考えでございます。

ちょっとオタっぽくて自分でもこわいので
この辺でヤメにしておきますが(^_^;)。

だから何が言いたいかっていうと「滅びの美学」が
あるからあきらめに走るんじゃなくて、そもそも
あきらめから生まれてきたのがそれだってこと。
とてつもなく長い時間をかけて日本人の中に
培われてきた感情なので、簡単に意識改革をするのは
非常に難しいだろうなってことです。はい。
abekun |  2007.12.26(水) 13:32 | URL |  【編集】

な~るほど!

> 恨みを残して死んだ弱者が祟って出てこないように
> 最大限の花を持たせて弔うという古来からのやりかた

ここに一番ピンと来た。
そうかそうか。この理屈だから、
靖国参拝が支配者側に支持されるってコトですかね。

> 「滅びの美学」が
> あるからあきらめに走るんじゃなくて、そもそも
> あきらめから生まれてきたのがそれだってこと。

ってことは、過労死とは無関係か。

ただ、相乗効果が起こってる可能性はないのかな?
例えば、諦めから滅びの美学が生まれ、
それが「美学」として確固たる位置づけにされたことで、
「花と散る」が選択されるという感じ…ないかな。

ちょっとわかったのは、
> 泣けるとわかっている映画を泣くためにわざわざ見に行く感情
が、僕には欠落してるということです。
僕は、「あれエエで~泣けるで」と言われると、行く気が失せるタイプです。
唯一、「泣けるで」といわれながら見たのは「いまを生きる」かな?
山田亮 |  2007.12.26(水) 17:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://antimacho.blog.fc2.com/tb.php/278-ec819a31

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |