FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

失って大きいモノ

2010.08.10 (Tue)

毎日毎日、加奈子の昼ご飯を作りながら、フト考えました。
父娘一緒とはいっても、特別なことをしてるわけでなく、
漫然と毎日が過ぎているだけ。

でも、
もしも、
なにかが起こり、
加奈子に二度と会えなくなったとしたら…

きっと、思い出すのは
一緒にディズニーランドに行ったことでもなく、
一緒に焼き肉を食べに行ったことでもなく、
こんな漫然と過ごしている毎日の方だと思う。

非日常的な時間は、無いのが普通。
でも、あるのが普通の日常に、
あるべき人がいなくなったとしたら…
おそらくこっちの方が「いない」を実感するだろうな。

「早く夏休み、明けてくれヘンやろか」
「加奈子が出不精じゃなきゃ楽なのに…」
と思っているこの日常の方が、
失った時の大きさが計り知れないと思うと、
この何気ない加奈子と過ごしている時間が
ちょっと愛おしく感じられるモンです。
16:09  |  家事・子育て  |  Comment(4)

Comment

本当ですね!

私も、主人が先月の七夕の日に、急逝しまして失ってしまった大きくて、大切な者を感じています。
出張先での、睡眠中の出来事でしたので、直前の明日帰るね....という、声が耳から消えません。

学生時代からの26年もの間の相棒で、家事は不得手でしたが、私のあれこれには何でも応援してくれて、本当に幸せなときを過ごしたと、今は感謝でいっぱいなんです。が、寂しいのは、なんかあった時、一緒に、ビックリしたり喜んだり、笑ったりの相手がいないことです。

明日があると思って、生きてきましたが、こない事もあるので、、まずは今日を大事に生きようと、今は思っています。

山田サンのプログ、心に響く事が多くて、楽しみにしています!!
笛吹童子 |  2010.08.10(火) 21:44 | URL |  【編集】

読んで切なくなりました何気ない日常がほんとに大切ですよね
さやか |  2010.08.11(水) 12:20 | URL |  【編集】

このたびは…

笛吹童子さん
いつもコメントを下さりありがとうございます。

この記事は、本当に偶然ポロッと思い付いて書いたのですが、心の中では「とはいっても、ホンマに会えなくなるなんてコトは…」と思っていました。

ですから、本当に笛吹童子さんの身に、「もしも」のことが起こっていたことに驚いたのもありますし、伝え聞いて、なんとなく知った人のような気になっていたお連れ合いさんが亡くなったと知り、僕も自分の一部を失ったような気になりました。

改めて、何気ない日常を大切にする気持ちになりました。
山田 亮 |  2010.08.11(水) 23:26 | URL |  【編集】

みんな気にしてたよ

さやかぁお久しぶり。
昨日は、君の同期の14人と飲んだよ。
「さやかどないしてた?」
とみんな気にしてたで。エエ友達やん。

今は、なんかシンドイかもしれんけど、それもまた日常です。大事にしてやってください。まぁ、僕もたった1年でサラリーマン辞めてしもたんで、エラそうなことは何も言えませんわ(^^ゞ
山田 亮 |  2010.08.11(水) 23:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |