FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

呆れた安全基準

2001.07.19 (Thu)

チャイルドシートの安全性をめぐって、国民生活センターと国土交通省が衝突している。

国土交通省での安全基準を満たしているとされていたチャイルドシートのうち、国民生活センターが同様のテストをしたところ、2社2製品で同省の安全基準が満たされていないことが確認されたということだ。これに対して、同省自動車交通局審査課は「衝突までの加速の付け方やダミー人形も違い、同じ条件でテストしていない」と反論しているようだ。
しかし、違う条件でテストをすると安全基準を満たせないということに違いはない。そして、ちょっとした条件の違いによっては、全然安全を確保できないモノがあるということも事実ということだ。

子どもの条件も衝突の条件も、事故の条件は10件10色。この事故なら安全だが、あの事故なら危険、というようなモノが「安全基準をクリアー」という認定を与えられて良いのだろうか?おおかた、メーカー側のコスト削減の折り、少々の安全基準の下回りは「天下り」等々で埋め合わせをすることになっているのだろう。

こういった安全基準に関しては、欧米の方が厳しいと聞く。自動車のエアバックなどは、日本車でも欧米輸出用には早くから設置されていた。排ガス規制に関しても同様だ。「規制緩和」などと声高に言われているが、アメリカなどはある領域をみれば、逆に「規制大国」だ。欧州はもっと規制が多い。なんだか、日本政府は「規制緩和!」と言わされているような気もする。緩和すべきところと、締めるべきところをキッチリ分けるべきだろう。

僕は、Baby Joggerというアメリカのベビーカーを狙っている。アーロンチェアーに続く、個人輸入だ。日本製品の安全基準には最近どうも信用がおけない。一時的にしか使用しないモノだから、中古でもイイか?と思っていたのだが…
14:00  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |