FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

欲求に合致した行動指針

2010.04.27 (Tue)

先の記事に続き、NHK BS-hiの番組「プレミアム8世界史発掘!時空タイムス編集部▽映画”大脱走”の真相」の中の解説者のコメントに興味深い内容がありました。正確な記述ではありませんが、だいたい以下のような主旨だったと解釈しています。

連合軍は捕虜になった兵士に対しても、「見捨ててないぞ。頑張れ!支援するから生き延びてくれ!きっと助けに行くぞ!」と訴えかけ、それに収容所の捕虜達も励まされ勇気づけられた。脱走を試み失敗するモノの、脱走兵の捜索に前線の兵力が投入されるなど、連合軍全体から見ると、ドイツ軍を攪乱し大いに成果を上げていた。

一方、日本軍は、「捕虜になるくらいなら自害すべし」とした。確かに、捕虜は敵軍にとっての情報源であり、有効な戦術手段にもなる。敵の手に情報が渡るくらいなら死んでもらった方が都合がいい局面も多々ある。

解説者が説明するのには、連合軍の方策の方が妥当だという。

それはなぜか?

人間の欲求に沿うからだと。生き残りたいと思う気持ちに沿う形の方策を示す方が、人間は「より良い結果を導こう」と頑張る。ところが、「捕虜になるくらいなら先に死ね」と言われると、それを聞いた時点で「もうダメなのか?」「もう助からないんだな?」とネガティブになる。作戦を作り上げたり冷静な判断をしたり、あるいは最後の一歩を踏ん張ったりする力が必要な時に、「ダメなら死ね」では、やけっぱちの投げやり的なコトしかやらなくなる。

「競争に勝つ組織というのは、かならず基本的な欲求に則した行動指針をしめす」

というようなコトを仰ってました。なるほどなぁ~と思いながら見ました。
22:39  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |