FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

実は出発前に…

2010.04.25 (Sun)

午前中に、加奈子と「アリス・イン・ワンダーランド」を観に行ってきました。

本当は、実際に乗った電車よりも10分前の電車で映画館に到着して、ポップコーンとジュースを買ってやる予定だったんだけど、乗り遅れて映画館にはギリギリ到着。

その遅れた原因は、加奈子のDS遊び。
「そろそろ出るからセーブして終わりや」
と言ってたにも関わらず、セーブの機会をことごとく逃してたらしく、直前になって「保存でけへん!」と。そう言いだしてさらに5分。
「もう置いて行くで!」
と。

「Wii」よりも「DS」の方がヒドイ。
たぶん、「DS」の方が、はまれるソフトに巡り会っているとも言えるし、インターフェイスも扱いやすいんだと思います。

あれ?山田家ではDSはアウトにしてたんじゃ?

その通りです。
でも、数週間前に、従姉のお古を手に入れたのです。
どうぶつの森」と「ポケモンレンジャー光の軌跡」を手に入れ、呆れるほどに没頭中。

そういう、誰かが「おもしろがれ!」と思って仕込んだおもしろさにハマッてしまっているわけです。二次情報エンタメというヘンな言葉で表現してますが、編集されたオモシロさとでもいいましょうか?

喜劇や演芸というのも、表現者が「おもろいやろ?」と仕込んで提供したものですが、その受け取り方には、きっとライブ感があると思うんです。一緒に笑う人がいると、より盛り上がれるのはそのためです。ライブ感があるぶん、一次的です。一方、編集された二次情報エンタメは、平均85点。でも、それ以上はない。日常生活は、きっとオモロさは平均70点くらいだけど、瞬間オモロい指標で100になることがある。なにしろ「事実は小説よりも奇なり」ですから。平均以下のエンタメは好みの問題もあっていろいろ。

ライブ感あっての二次情報エンタメなら、それはそれでエエのですが、共有感もなく、ただ受け手として提供されたエンタメをこなしていくという姿には、豊かな社会の貧困面を感じます。とりあえず、DSの使用時間に制限をかけていこうかと思ってますが、DSを手放した従姉のように、ソフトの更新が行われなければ、いつか飽きるモノなのかな?という気もします。「やっぱりライブ感ある方が、ホンマのオモロさに巡り会える」と気付いてもらえればエエのですがね。
14:08  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |