FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

なし崩しのなんでもアリ

2001.05.21 (Mon)

「代理出産」がありましたね。「代理出産」が良いか悪いか?は、じっくり考えないといけない問題だけど、僕は賛成か反対かよりも「それ以前の問題」に目がいってしまう。

世論としては、「代理出産はダメ」という意見が多いみたいだ。「自然じゃない」、「母体が悪用される」、「産みの痛みを伴わないと子どもへの愛着がわかずダメ」(これは、児童養護施設の子どもへの差別であって、養子や里親への差別に直結する。まったく根拠のない主張で「代理出産」に異議を唱える根拠としては通用しないね)等々意見はあるようだけど、じゃあなんで「代理出産」などという「自然じゃない」コトが行われてしまうのだろう?

今の日本は、「子どもがいない人=不完全な人間」という認識が蔓延している。「子どもがいないなんて可哀想」「老後は寂しいよ」「子どもから学ぶことは山ほどある。それを体験してないなんて・・・」等々。生まないと自分の意志で行動している人はともかく、生みたくても生めない人にとっては、苦痛だろう。だからこそ「不自然といわれようとも、無理をしてでも!」ということになるんじゃないかな。こういう世論を引っ張るのはマスコミだ。「雅子さんおめでた!」報道もそうだ。もしも、あのまま生まれる気配すらなかったら、どう報道する気だったんだろう?

何が「自然」で何が「不自然」なのか?についても世論はずいぶん勝手だ。とくに不妊対策(あえて治療って書かないね)に関しては、その「自然」の範囲は不確定でメチャメチャだ。第三者の精子や卵子を使うこと、精子と卵子を体外で結合させること、精子を分離器にかけて体内に注入すること、精子の活動が活発になるような薬を飲むこと、女性の生理リズムに合わせてセックスすることなどなど、どれも「人の手が加わる」という意味では、多少の差はあるけど「自然」じゃない。なにを根拠に「自然」と「不自然」の線引きするのかについて、十分な議論もなく「結果オーライ」できている(ように見える)。「だったら『代理出産』も、結果がよけりゃ良いんでない?」という人が出てきても不思議じゃない。

どっちにしても、「法律でダメと決まってないんだから、やって何が悪い!」という考え方が通用する世界っていうのはレベルが低い。そして、「お医者様」の世界にはそういう価値観の人がいるということが、改めて皆の知ることになったように思う(もちろん真っ当な医者がいることも知ってるけど)。頼むよドクター!
17:06  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |