FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ネットで結婚?!(その1)

2001.05.12 (Sat)

最近、「ネットで出会った男女関係のモツレによる殺人事件!」というような記事をよく目にする。実は僕らもインターネットを通して知り合った。1997年の11月のことだから、まだiモードが展開される前だったし、今ほどネットを通して男女が知り合う機会が多くない頃だ。僕のホームページ(「山田亮のアンチマッチョ宣言」http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ryo-y/)が、「山田亮の社会福祉関連講座」というタイトルで立ち上げたばかりの頃で、ちょうどYahoo(http://www.yahoo.co.jp/)にホームページが掲載された3日後のことだった。

1997年11月14日、「おもしろい研究をしてますねぇ」というメールがホームページのメール投稿ページから僕のところに届いた。実は、その時に書いていた修士論文をホームページにそのまま掲載していたんだけど、まるまる読む人なんてほとんどいなくて、おまけにメールまで送ってくるような人はいなかった。メールの最後が「ではでは」という、なんか力の抜けたメールだった。

その日のうちに返事を送ったら、そこから研究の話やら大学の話(印象に残った講義という話題で、「Web福祉講座」の岡崎祐司先生の話も出た)なんかに話題が脹らんでいった。メールが一日に2~3往復した5日後くらいに、男女の性別役割分担の話題になった。そうこうするうちに、僕たちのジェンダー観(簡単にいうと、「男はソトで仕事、女はウチで家事」という役割分担をどう思っているのかというコト)が割と近いことがわかった。

そして11月20日。「秋のいい季節を迎えています。京都のまちを散歩しませんか?」というメールが来た。き、来たぁぁぁ!ここまでのメールで「なんか、おもしろそうな人」という印象をもっていたので「即OK!」。そのメールから10日後の11月30日に晴れてご対面。僕はホームページに顔写真を載せていたので、彼女は僕の顔を知っていたけど、僕はどんな人なのか全く知らなかった。出町柳駅のホームで待ち合わせ。おおお!メールのとおりの背の高い人やなぁ!!

しかし・・・なんで僕は修論を書いていたのにこんなに時間があったんやろか?なんで和子さんは大学教員なのに、こんなに時間があったんやろ?はいっ。この疑問は明日解決します!
16:54  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |