FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

世界的にも元気なくなってる

2010.04.12 (Mon)

ズーッと以前から、VHSのビデオテープがたくさん残ってます。新居に引っ越してきてはや5年が経つというのに、手付かずのまま放置されてきたVHSビデオテープ。この春、テレビ周りの環境が一新したのを機に、一気に片付けようと重い腰を上げ、セッセとダビングしたり廃棄したりしてます。

今、片付けに向き合っているのが、我が家で一番充実しているVHS資産である「F1」関係のビデオテープ。とくに、80年代後半から、90年代中盤までは、毎年の総集編が残っています。ポニーキャニオンから出ているパッケージ版の総集編と、フジテレビが毎年深夜放送していた総集編があります。

約20年前に3倍速モードで録画された内容の、映像はなんとか大丈夫ですが、音はギリギリの状態。ヨレヨレな音になっている部分もあり、今がダビング時期の限界であることをしりました。おそらくあと数年後には、テープ自体が劣化して音が完全にダメになっていたと思います。エエタイミングでした。

さてさて、20年前の「F1」シーンを見ると、これがタイトルにもあるように、ドライバーの皆さんが元気なんですよ。周回遅れがブロックしていると、「オラオラ!どかんか~い!」後から手を振り上げたり、追い抜きざまに怒りのポーズを示したりと、皆さん熱血運転してるんです。

ナイジェル・マンセルやジャン・アレジのような血の気の多そうなドライバーはともかく、ブーツェンやプロストといった、傍目には冷静沈着派と見られるドライバーですら、ハンドルから手を離して「こらぁ~!ジャマすんなぁ!」とアピールしてるんです。2010年シーズンは、まだ1回もレース自体をみてませんが、今どき「どけぇ~!」とハンドルから手を離して怒りを表すドライバーなんていないです。

「日本の若者の元気がない」という年配の方が大勢いますが、世界的にみても若者の血の気は少なくなってきていると思います。若者の元気がないのは、彼らの元気を奪ってきた大人がいるわけで、それはなにも日本に限ったことではないと、ビデオを見ながら感じました。

とりあえずVHS→HDDは、89年、90年、91年の3年分取り込みました。徐々に今の状態に近づいてきています。
15:57  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |