FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

共通の知人の存在

2010.04.09 (Fri)

先日、国際連合人権高等弁務官事務所で勤めていた日本人白石理さんのお話しを聞く機会がありました。スイスのジュネーブにある事務所内での男女平等など、オフィシャルには聞けないような内容でした。主催したのはWWN。WWNは、国連でのロビー活動のために度々ジュネーブとニューヨークを訪れていて、その時以来の白川さんとご縁だそうで、そのつながりがあるからこそ、普段聞けないような話が聞けたのだと思います。

質問の機会があったので、「夫婦間で業務連絡のみになった時期があった」と仰っていたのをどう乗り越えたのか訪ねてみました。この答えは、

「共通の知人に間に入ってもらいました」

やっぱり家族間での共有は、時間や経験だけでなく、知人や友人の共有もイザという時に大事になるんですね。お互いの友人を知るというのは、大切なことやと改めて実感しました。

ふと、僕は和子さんの友人を数名知っているし、連絡先も知ってるので、イザという時に相談するコトもできますが、和子さんは僕の友人で、イザという時に相談できる人というのを、どのくらい知ってるんやろか?と思いました。
15:58  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

Comment

夫婦の会話

「夫婦の会話が業務連絡のみ」

現在の我が家です。
子どもが産まれてから 業務連絡のみになりました。
買い物、事務的な用事、子どもの一日の様子等の報告が主な話題です。

子どもの様子を報告する時も淡々としています。
共感を得てもらえず、ちょっと寂しい日々を送っています。だからといって、他の話題もなく・・。子どもが寝ている時には、お互い自分のしたいこと(夫はゲーム、私はネットや読書等)をしています。

このままどんどん会話が無くなるのかな・・と不安になります。

読売新聞に「結婚指輪してますか?」というコーナーがあって、昨日の記事では子どもが産まれてから夫婦の会話が減り、すれ違い状態という悩みが掲載されていました。夫側の「育児の悩み」についても、今後特集をするようです。

家にいて育児中心の生活を送っている身と、仕事中心の生活を送っている身では、お互いのことを思って、遠慮や気遣いが出てしまう今日この頃です。

かんちゃん♪ |  2010.04.09(金) 20:23 | URL |  【編集】

ウチもそうでした

「業務連絡夫婦」は、ある程度は仕方ないでしょうね。
ここは発想を変えて、無理して会話しようとせず、メモなんかにひとこと付ける方がエエかも?というケースもありますよ。

子どもは、成長という楽しいネタの情報源なので、まずは「こんなんできるようになったぁ!」などの成長情報を共有して一緒に喜べるようになれるとエエですねぇ。
山田 亮 |  2010.04.10(土) 12:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |