FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

香川県三木町へ

2010.01.18 (Mon)

IMG_7649s.jpg高松の高齢者は、「電車」と言えば琴電。「汽車」と言えば国鉄です。小学生の頃は、琴電長尾線沿線に住んでいたので、買い物や病院通いによく乗っていました。その当時は、高松築港駅(JR高松駅の連絡駅)には本線と、長尾線ではなく、志度線が乗り入れていて、僕が住んでいた場所の最寄り駅からは、途中の瓦町で乗り換えなければいけませんでした。今は、長尾線が高松築港駅に乗り入れていて、昨日の講演会場までは乗り換えナシの一本で30分。

久しぶりに長尾線に乗って気付いたのですが、琴電の駅間ってこんなに近かったんですね。小学生の頃には、ずいぶん遠く感じた隣接駅ですが、「あれれ?」というくらいでした。ガタゴンガタゴンと速度のわりに良く揺れる列車でしたが、これも愛嬌でしょう。

IMG_7664s.jpgお昼ご飯を呼ばれた「手織りうどん 滝音」です。食べ終わってから店の写真を撮ったのですが、店を出る頃には、入った時よりも長い行列ができていて、店の外にあふれていました。といっても、うどん屋の客回転は速い。チョット待てば食べられます。「美味いうどんが食べたければ、混んでいる店を探せ」です。

実は、会場近くに「讃岐うどん 寒川」というこれまた有名な店があるのですが、残念ながら日曜日がお休み。でも…この「寒川」はもしかして、場所からすると、ズ~ッと昔に香川医科大の知人に連れて行ってもらって、食べたような気がしないでもないのですが…

「滝音」のうどんは、「やっぱり讃岐うどん!」です。コシが違います。かっこうよく食べるなら、やっぱり「かけうどん」や「ざるうどん」がベストです。具の多いうどんはどうしてもズズズ~~~ッと吸い込もうとすると、途中で引っ掛かってしまいます。でも、昼ご飯としてなら僕が頼んだ「まかないぶっかけ」はオススメです。講演して、家に帰るまでお腹がもちました。うどんランチとしては、珍しいことです。栄養も偏らずにグッドです。

IMG_7675ss.jpg往路は時間に正確な鉄道路線を使い、京都から岡山までを新幹線。そこから瀬戸大橋線→琴電長尾線。岐路は時間に余裕があるので、高速バス「高松エクスプレス京都号」を使いました。前回同様「発車オ~ライネット」から予約したのですが、またまた座席割り当ては「1D」という運転手のすぐ後ろ。IMG_7666s.jpgそんなに早く予約したわけじゃないのに、またまた足下の狭い「1」列。この前回乗った「津山アクスプレス京都号」と同様の三菱ふそう「エアロクィーンI」に限ったことなのか、1列目の足下がチョット窮屈。

獅子の里三木バスストップから乗ってしばらくすると、11月8日の講演地東かがわ市「とらまる公園」を通過。高速道路から、こんなに近かったんですね。11月8日は、ここから逆方向に走り始め、高知市までハイヤーで疾走したのでした。なんとも豪快な移動をしました。

IMG_7667ss.jpg IMG_7680s.jpg
そして、バスは鳴門大橋を横断。途中の「室津PA」でトイレ休憩を挟んで、今度は明石海峡大橋を通過。左の大鳴門橋と、右の明石海峡大橋。ちょうど淡路島縦断中に日が暮れたのがよく分かります。

高速バスでの移動は、乗り換えナシで行けるのと、人の行き来がほとんどないのがメリットです。でも、車内で講演のレポートを書いたり、スライドのチェックをしたりという作業は無理です。本を読むのも車両や路線によっては難しいと思います。安定した走行とは言え、電車(とくにN700系新幹線)とは比べものにならない揺れです。

僕は前回もトライしたiPodにPodcastを詰め込んで、それを聞きながら過ごしました。伊集院光、爆笑問題、久米宏、Suntory Saturday Waiting Bar AVANTI、梶原しげるの『サンデースコープ』をそれぞれ数本分入れて準備しました。ためになる話や笑える話があって、退屈しなくていいのですが、おもしろい話はついつい「クククッ」と笑ってしまいます。このPodcastでラジオの良さを再認識しました。
IMG_7682s.jpg
ほぼ定刻通りに京都駅駅北の烏丸口側に到着。近鉄に乗ろうとすると、伊勢丹を通過。そこで、ちょっと寄り道して、マールブランシュの「フルーツバトン」をお土産に。ここのケーキのスポンジがオイシイんです!

ホンマは、「Man in the Moon」でJackソーダか「BASS PALE ALE」でも一杯やって帰ろうかと思ったんだけど、ケーキを買ってまっすぐ帰るスイッチを入れました。
15:58  |  旅行  |  Comment(2)

Comment

ローカルな…

>山田亮さん
お世話になってます。
内容的に「メール」より「コメント」かな、と。
実は、私の祖父と母は、藤井寒川高校の東側にある丘の上に眠っています。いつも夏に日帰りで墓参りに行くのですが、降り口は高松道の「津田寒川IC」。わが家はあまり本格的なうどん屋さんには行きませんが、朝早く墓参りを済ませ、津田SAのセルフうどんを食べてから、淡路島まで戻って、あちこち遊びながら回って帰る、っていうパターンです。
いやあ、「寒川」という名前にしっかり反応してしまいました…。
あつ・さき |  2010.01.18(月) 20:24 | URL |  【編集】

同じ道路ですね

津田寒川ICは、昨日も通りました。
高松自動車道と平行して、下を国道11号線が走っているのですが、高松にいた頃は、サイクリングでよく走りました。実は、藤井学園寒川高校がどこにあるのか知りませんでした。今回、初めて、「あ、あそこだったのね?」と知りました(^^;
山田亮 |  2010.01.18(月) 23:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |