FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

乗客は何人?

2009.12.03 (Thu)

今週末は、岡山県の県北の奈義小学校のPTA集会と津山市男女共同参画センターでの講演があります。土曜日に現地入りするのですが、今回は高速バスを使って移動します。京都から津山までは「津山エクスプレス京都号」という路線があり、乗り換えゼロで津山まで行けます。

バスは、座席数が列車ほど無いので、「早めに予約しとかないと!」と一週間前に予約しました。その残席チェック表で見ると、「残り36」。あれ?まだそんなに埋まってないヤン?でも念のため…とネットで予約してファミマで支払い。すると「残り35」。おおお、ちゃんとブッキングされてる。

ふと、今朝、「さすが座席も埋まってしもたやろなぁ~」と思って残席チェック。

「残り34」

定員40のバスなので、計算上乗客は6人。
その日の最終便は、「残席14」になってるので、埋まる便は埋まるんでしょうけど、しかし…40席あるバスが6人だけ乗せて走るとは…

「今日は、お客さんが少ないので、マイクロバスで運行します」

というようにはならないんでしょうけどね。
ちなみに、僕の座席は「1D」で運転手さんの真後ろです。
前方視界がイマイチですが、シャーナイです。



世界のいろんな場所で、いろんなバスに乗りましたが、だいたいインターシティーバスは、リラックスムードです。立ち席なんて当然ないし、まーっすぐの道路を延々走っていく感じです。そして、車内にはローカル局チャンネルのラジオが小さな音で流れてます。天気予報やニュースが定期的に流れます(ハイウェイ乗車向けチャンネルもあるらしいです)。

運転手さんは速度維持装置を使いながらのリラックス走行。運転しながら飲み物を飲んだりするのは当たり前。運転手だって生理現象には勝てません。時には、前の方に座っているカメラを持ってる観光客(僕のことですが)に「この先の岩石はすごい有名な奇岩なんだぜ!よ~く見てなよ!・・・・・・あれだ!撮ったか?」と話しかけてくるし、乗り継ぎについて教えてくれたりと、コミュニケーション重視です。

でも、日本のバスはおもしろさがあんまりありません。たぶん、運転手さんに運転中に話しかけると「話しかけないで下さい!」って言われるんでしょうね。運転中に飲み物飲んでるのも見たことありません。喉渇かないのかな?なんとなくロボット的で機械のようで、冷たい印象を受けます。

僕が海外で乗ったインターシティーバスの笑顔のステキなおじさん達のようなドライバーに、日本でも会えるとイイなぁ。規律だけが優先されて、人間味を感じません。その空気が乗客にも感染して、バスの中が殺気立ってる感じも受けます。

「じゃな。イイ旅になるよう願ってるよ」
そう言いながら、握手して見送ってくれたグレイハウンド・パイオニアの運転手。
客との時間を大事にしている気持ちが伝わって「また乗りたい!」って思います。
12:51  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |