FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

吹田市で男性向け料理教室しました

2009.11.13 (Fri)

吹田市で、5回連続講座「男性集合!ナイトクッキング講座 男のウチごはん」の1回目の講師をしました。定員16名のところ、予想以上の応募数があり、20名に増やしたくらいの盛況ぶり。今回の最年少参加者は、なんと高校生!10代の高校生から30代、40代が中心。普段の男性向け料理教室の中心である60代70代は、19時スタートという講座時間が影響してか、全体の3分の1。

2時間で、親子丼定食を、作って!食べて!!片付けて!!!というなかなかタイトなスケジュール。「初心者orどっちかというと初心者」という人たちが多かったので、「時間ギリギリかなぁ」と思って、飛ばせるところは飛ばす方向でやってたら、なんだか余裕の時間配分になりました。逆に、超初心者の人にはキツかったかなぁ?という内容になって、申し訳ない気も。

ホンマにやる気のある人へは「宅配!男の料理塾」を利用してもらった方がエエと思うんですよね。グループ単位の料理教室だと、どうしても手の早い人、器用な人が基準になって進行しがちになりますから。

さて、今回は、男性料理教室にありがちな「試食タイム=沈黙」を利用して、参加者に順番に、自己紹介と参加動機と作ってみたい料理を言ってもらいました。参加動機は、ホンマに各年代ごとに違っていて、現代日本の生活をスパッと年代で切ったような断面でした。

若い世代の中には、「結婚を控えて、僕も料理ができた方がいいと思って」「料理が好きだから」「メニューのレパートリーを増やしたい」「妻の料理に負けたくない」などの理由がポンポン。

一方、中高年グループからは、「いつ一人になってもイイように」「定年退職したんだけど、嫁さんが留守になる、昼ご飯をなんとかしたくて」「定年退職して、セミナー通いが趣味」というお話しがありました。

どっちにしても、「講座に来てみよう」という人たちは皆さん意欲の高い人たちです。「嫁が勝手に頼んでて…」という人でも、途中のパチンコ屋や本屋に逃げるんじゃなく、チャンと会場まで来たってことは、無理矢理でも参加するように意欲をもって来られる人たちです。予約した人、全員が参加されました。お陰で、平日の夜ということで、若干の欠席があることを前提にしていたので、やや窮屈な教室になりました。

作ってみたい料理で、かなり目立ったのが「酒の肴」でした。そういや、以前、manaboo氏とランチした時も、「豆腐のアンチョビ(ペースト)のせ」の話してたなぁ。メシはともかく、肴は自分の好きな物を好きに料理して呑みたいという気持ち、なんとなくわかる気がします。ちょっと居酒屋やレストランの、お通しやアミューズグルを注意して観察しておきます。僕は酢の物が好きなんですけど、酸っぱいモンって苦手な男性が多いんですよね。祖父も、いつも野菜にお酢をドバドバかけてはったなぁ。お酢好きの家系なんかな?

「イタリアン」も数名ありました。なかなか家で欧州料理って難しそうですもんね。でも、素材の味を活かすイタリア料理は、チョットした手間でできる料理もたくさんあります。

次のメインは「肉じゃが」と決めていたのですが、肉じゃがの残りで作る「肉じゃがグラタン」を試みてみてもエエかな?と思いました。副菜は、「ひじきの煮物」にしようかと思っていますが、もう一品、若手向けに「マリネ風カラフルサラダ」、年配者には「きゅうりとわかめの酢の物」を加えてもいいかな?「豚キムチ」「長芋とオクラの和え物」「焼き茄子」「大根サラダ」「スペインオムレツ」「コールスロー」などなど、いろんなモノが浮かんできてます。

賑やかで楽しい講座でした。次は12月11日です。
23:36  |  講演記録  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |