FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

町中たんけん

2009.11.13 (Fri)

Img_1516s.jpg Img_1518s.jpg
午前中、小学校のイベント「町中たんけん」の引率ボランティアに参加してきました。
僕は、観月橋近くの旅館「月見館」へ子ども達を引率する係り。

子ども達6人(一人欠席)と保護者3人でエッチラオッチラ(往復約45分)。今どきの子ども達にしては、みんな足が達者なのは、毎日山の途中にある小学校へ登校しているからか?「イタイィ~」「だるいぃ~」「もぉイヤやぁ~」などと誰も言わず、すんなり。

ちなみに、今日、参加した保護者は、僕以外全員女性でした。いつものことですが…。6人の子ども達の中には、僕のことをよく知っている子もいて、「あ、この前、テレビでたやろ?」と指摘する子も。顔が知られていると、自己紹介も簡単でいいので便利です。一緒に行った子ども達に、加奈子は入っていません。加奈子は「通学路の途中にある交番に行ってみたい」というので、「交番なんて、なんかないと行くこともないし、しかも、エエことで行くところとチャウし、何でもない時に行っとくとエエやろなぁ」と加奈子は加奈子、僕は僕でいきました。

「月見館」は、子ども達が「うわぁ~『千と千尋の神隠し』に出てくる温泉みたい!」と言っていたくらい、エエ感じに歴史を感じる建物でした。ただ、子どもは子どもでいろいろ考えてて、「『千と千尋の…』の温泉みたいって言うと、古いって言ってるみたいで、ゆ~てエエンかなぁ?」と相談する場面も。小学2年生でも、大人と同じ(それ以上?)配慮ができるんですね。

生徒達が考えた質問に、だんなさんと女将さんが答える形での質問Timeと、館内探検。とくに館内探検は、子ども達が大喜び。画像のような大広間や、長~い縁側から宇治川が一望できたり、魅力たっぷりでした。とくに、一番、いい部屋の「桜」は、子ども達も「うわぁ~!」と感激。

チャンと「よろしくお願いします」「ありがとうございました」の挨拶も練習してきた子ども達。なかなかシッカリしてました。今日、一緒に出掛けた子の大半は、僕の知ってる子どもでしたが、なんやかんやと話をするとホンマにおもしろいですね。だいたい子どもはみんな話し好きですし、いろんな話をしてくれました。行きも帰りもエッチラオッチラ。「ここ、○○くんのお父さんのお店」「あっち入ったら私の家」などなど、あれこれ話しながら帰りました。誰も事故もケガもなく、楽しい思い出になりました。

今まで、前を通ることはあっても、中に入る機会がなかった「月見館」。子ども達も言ってましたが、僕も、「一回、泊まりに来てみようかな?」と思うような旅館でした。子ども達のお陰で、地域のことや子ども達のことを知ることができて、僕にも実りがありました。加奈子がいないと、無かったかもしれないご縁ですね。
16:45  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |