FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

いろいろ乗りました

2009.11.04 (Wed)

今回のツアーは、いろいろ乗りました。
行きは、京都からN700系新幹線。
東京から新潟は、E4系MAXとき。なんと東京~新潟間ノンストップ。
Img_1432s.jpgImg_1434s.jpgさて、新潟から特急「いなほ」。運用の485系には昔ながらの国鉄車両の色換え版と、リニューアルされたちょっと今っぽい風貌の2種類あります。今回は、昔ながらの車両でした。山陰線で乗り飽きるほど、乗ってるタイプだったのでちょっとガッカリ。でも、座席は、山陰線のモノよりもはるかにイイ感じでした。

新潟駅から村上駅までの間を、急行のような停車駅感覚でコトコトと。これはこれでイイ旅でした。30~50代の職場の同僚達と思われる女性団体と一緒の賑やかな車内でした。ここでも講演のネタを拾わせて頂きました。

Img_1429s.jpg村上市で講演を終え、宿泊地の新潟駅までは、時間の関係で「いなほ」ではなく、普通列車での移動。このタイプの車両に関西以外で乗るのは、昨年の11月に群馬県みどり市に行った時の両毛線(高崎~桐生間)以来です(たぶん)。

まさに、ザ・国鉄!という車両ですが、シートは新しくなってるし、トア横のロングシート部分には、雨風を防ぐ透明の板が張ってあって、それなりに工夫がありました。山陰線で走っていたような、「どうせ廃棄するモンやし、金かけてもシャーナイ」的なかわいそうな扱いではなく、チャンと手入れされている印象でした。

Img_1458s.jpg新潟からの帰りは、特急「北越」。これも「いなほ」同様、昔ながらの485系、今っぽい485系があるのですが、「北越」も昔ながらの方でした。

席は、3号車9番D列。ところが、この9番というのは、視界の大半が窓枠。せっかくの日本海の景観が、モッタイナイことに…と思ったら、日本海沿岸の信越本線~北陸本線って、けっこうトンネルが多くて、トンネルとトンネルの間に海が見えるという感じなんですね。もっとだだっ広い視界で、海風吹きっさらしで走ってるイメージだったので、ちょっと「あれ?」でした。

最後は、サンダーバード24号。683系の中でも一番新しい4000番台が投入された車両でした。デジカメのバッテリー切れで画像無しです。ところが、僕はサンダーバードと相性が悪いのか、それとも北陸線の保線との相性が悪いのか、あの保線状況でサンダーバードに乗るから悪いのか、どうも、揺れが体に合いません。これだけ、アッチコッチ行ってアレコレ乗ってて、どうもないのに、サンダーバードは乗ってると頭が痛くなるというか、気分悪くなるというか、どうもスッキリ乗れません。疲れてる時に乗るからかもしれませんし、家族と旅行で乗った時は全然問題なかったですし、たまたまかもしれませんが…とくに、京都向きで乗ると具合悪いです。

天気はよく、座席の3号車9番は、「北越」と違って、見晴らしもよかったんですが、この時間帯は、西南向きの窓から日差しが差し込み、D列はまぶしいまぶしい。残念でした。北陸本線と湖西線は、この季節のお昼過ぎはA列の方がいいみたいです。

11月3日290分+76分=366分
11月4日370分
二日間で736分(=12時間16分)乗りました。仕事でこれだけ乗ったのは、初めてかも。プライベートでは「青春18切符」でアホツアーしましたから、もっと乗ってますが。
18:26  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |